黒ずんだ鼻を鏡で見ていると、嫌な気持ちになるかたは多いでしょう。

やはり、汚く見えますしお手入れを怠っているようにも思われる可能性もあります。

毛穴の黒ずみはやみくもに洗顔料であらったりこすったりしても、返って逆効果な場合があります。
黒ずみができた原因を特定して、その原因に合った対処法を実践することで、取れる可能性が広がります。

このコラムでは、鼻の黒ずみが出来る原因と、それを取る方法をご紹介いたします。


鼻の黒ずみの原因は?

鼻の黒ずみにの主な原因は3つあります。

それを次に挙げます。

角栓つまりによる黒ずみ

古くなった角栓と皮脂が毛穴に詰まることによってできた角栓が、空気に触れて酸化し黒ずんでしまっているタイプです。

そのタイプは、さらに、角栓が詰まることで毛穴が広がるのでその影が黒く見えて目立つようになります。

黒ずみが生まれるだけでなく、毛穴が塞がれることによって、ニキビなど肌荒が起こる場合があります。

人指し指でさすって見ましょう。
感触がザラザラしている場合は、このタイプの可能性があります。

メラニンによる黒ずみ

メラニンが蓄積されて、それが濃くなり黒ずんで見えるタイプ。

メラニンは紫外線に当たると皮膚を守るためにに生成される色素でシミの原因になります。

しかし、メラニンは皮膚を守るためには必須な色素でこれがないと、ちょと紫外線に当たっただけで、肌はボロボロになってしまいます。

鼻を指でこすってみて、ザラザラしない場合はこのタイプの黒ずみの可能性があります。

うぶ毛による黒ずみ

よく見ると、うぶ毛が生えていて黒ずんで見えるタイプです。

汚れでも、メラニン色素でもないので、脱毛によって直ぐに解決します。

 

 

そのまま放置するとどうなる?

鼻の黒ずみは、そのまま放置するとさらに悪化場合があります。

3つのタイプうち、「産毛による鼻の黒ずみ」は放置しても変化はありませんが、「角栓のつまり」「メラニン」による鼻の黒ずみの場合は、放置するとさらに肌の状態が進行する可能性があります。

 

「角栓のつまり」により黒ずみの場合は、詰まりが常態化し毛穴がさらに広がるため、黒い影が大きくなる上に、皮膚呼吸が困難になるため肌荒れが進行します。

黒ずみができた時点で肌は不健康な状態になっているのですが、それがさらに不健康になります。

 

「メラニンの蓄積」による黒ずみの場合は、今の紫外線量を浴びていることによって、できた黒ずみなので、その紫外線量のまま生活をしていると、さらにメラニン色素が増えていきます。

 

メラニンは肌の生まれ変わる周期(ターンオーバー)によって、垢と一緒に剥がれ落ちますが、過剰にできてしまったメラニンによって周期(ターンオーバー)が乱れ、皮膚上に残存してしまうと、色素が沈着してシミになる場合もあります。

 

紫外線を浴びる量を減らすことと、メラニンを生成するチロシナーゼの活動を抑制するハイドロキノンなどの成分を与える必要があります。

しかし、ハイドキノンで、メラニンの生成を抑えるということは、紫外線による皮膚へのダメージから守れなくなるということも考慮しなけらばなりません。





取る方法

鼻の黒ずみを取る方法を、3つのタイプ分けてご説明致します。

 

角栓のつまりによる鼻の黒ずみの場合

角栓のつまりの場合のポイント

・急激に鼻の黒ずみを取るのではなく、泡洗顔保湿を心がける

・ゆっくりと急がず毛穴詰まりを改善して、毛穴を健康な状態へと導く

洗顔は優しく丁寧にするのが基本で、ごしごしと角栓を剥がそうというやり方をすると、肌の乾燥を招きそれが不必要な皮脂の分泌にが促され、角栓の増加につながります。

 

正しいクレンジング・洗顔の方法を知り、習慣化しましょう。

 

Step1 手を洗う

洗顔の前に、まずは手お洗い清潔な状態で洗顔しましょう。
手に付着した雑菌が肌につくことがあるので、肌荒れの原因にもなります。

 

Step2 ぬるま湯ですすぎ洗いをする

洗顔料をいきなりつけるのではなく、まずはぬるま湯ですすぎましょう。
ぬるま湯だけで落ちる表面についている汚れを落とすことで、洗顔料に洗浄効果が高まります。

 

Step3 洗顔料を泡たてる

洗顔料をしっかりと泡たててから顔につけるようにすることで、肌への摩擦を最小限にすることが出来ます。

 

Step4 泡で肌を撫でるように優しく洗う

優しい力加減で鼻をなでるように洗いましょう。
凹んでいる部分も、指先・腹を使って洗い残しのないように円を描くように洗いましょう。

 

Step5 しっかりとすすぐ

洗顔料の泡が残らないようにしっかりとすすぎましょう。

 

Step6 清潔なタオルで水分を取る

清潔なタオルを顔に当て、擦らずに皮膚に押し付けるようにして、水分を取りましょう。
強くこすると、肌荒れの原因になります。

 

鼻の黒ずみにオススメの洗顔料

 3,218円(1商品につき)
定期コースは初回半額
3,218円→1,609円
専用泡立てネット・薬用美容乳液ミニボトルのプレゼント付き

sawaが色々と使ってみた、一番黒ずみが取れたのが洗顔料がこれ。

なんとなくですが、洗ったときはには角栓が少しつづ取れて、朝起きると毛穴がスッキリした感じがします。

角栓を少しづつ落としながら、少しつづ皮脂と角栓がたまらないようになっていくイメージです。

すぐにはきれいになりませんが、少しづつ黒ずみが落ちて行く感じです。

 

保湿する方法

次は保湿する方法です。
優しく洗顔したら、今度は保湿です。

角栓を流したら、今度はその角栓がたまらないような状態を作る必要があります。

肌が乾燥すると、次の流れで、黒ずみが出やすくなります。

お肌が乾燥→皮脂の分泌→角栓へと変化→黒ずみ

 

お肌の乾燥は、毛穴が目立つこともあります。

化粧水などで水分を補い、乳液やクリームなどで油分を与え、肌のうるおいを保つようにしましょう。

化粧水はたっぷりとつけ、乳液・美容液などは薄く伸ばすようにつけるのがコツです。

乳液・美容液の役割は、肌に染み込んが水分を逃がさないようにシールドの役割をします。

つけすぎると、毛穴が詰まる場合があるので、少なめの量で伸ばすのが基本です。

 

化粧水、乳液・美容液の鼻の黒ずみを解消するために必要な成分を次に記載します。

水溶性の保湿成分例
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・エラスチン
油溶性の保湿成分例

・セラミド(セラミド2・セラミド3などの番号がついているものはヒト型セラミド)
・ステアリン酸コレステロール

これらの成分が入っている化粧水、乳液、美用液を使いましょう。

 

sawaが色々と試してみた一番鼻の黒ずみが取れたブルークレールローズエステリッチローションです。

 
 内容量:155ml
価格:5,400円円(税込)トライアルセット1,580円円(税込)

 

 

メラニンの蓄積による鼻の黒ずみの場合

メラニンは紫外線によって作られるので、対策にポイントは次の2つになります。

メラニンを減らすポイント
・紫外線を可能な限り避ける
・日焼け止めはUVカット効果が高いほど、肌に悪いので状況によってSPF、PAの数値を使い分ける

外には一切出ないのが、一番効果的ですが現実問題としてそういう訳にはいかないでしょう。

出来るだけ昼間の外出を避け、出かけるときは、日焼け止めで紫外線対策をしましょう。

日焼け止めは、「SPF」の数値が高ければ高いほど、日差しによって肌が赤くなるまでの時間が長くなります。

「PA」の+多ければ多いほど、紫外線防止効果が高くなります。

だからといって、UVカットの数値が一番高いものを使えば良いというわけではありません。

UVカット数値が高くなればなるほど、肌への負担が大きくなると言われているので、その状況に併せて使い分け、複数の日焼け止めを常備し出来るだけUVカット効果が小さいもを使うように心がける必要があります。

例を次に挙げます。

柔軟に使い分ける
・短時間の外出、夕方の外出などの紫外線が少ないのとき → SPF10、PA+~++程度
真夏のレジャーで外で遊ぶとき→ SPF30~50、PA++~+++程度

このように使い分け肌への負担を軽くしながら、紫外線を回避しましょう。

また、日焼け止めの効果は2時間程度を堺に下がり始めますので、長時間の外出時にはこまめに塗り直すとよいでしょう。

また、自宅に戻ったらきっちりと洗顔しましょう。
日焼け止めが肌に残留していると、乾燥、黒ずみの原因なり、元も子もなくなります。

日焼けしてしまったら、冷やしタオルを顔に当てて、お肌をクールダウンさせましょう。

十分熱が引いたら、化粧水、保湿マスクで肌に水分を補給し、保湿をしてあげると黒ずみの抑制には効果的です。

 

産毛による鼻の黒ずみ

うぶ毛による黒ずみは、自分で毛を抜いても毛根に傷がついたり、直ぐにまた生えてくるのでオススメしません。

美容成形での脱毛を検討しましょう。

 

 

まとめ

鼻の黒ずみは、一気に取ろうとすると返って上手くいきません。

肌の健康状態を少しづつ良くして行ってあげるという意識で、取り組むことが重要です。

肌にに直接対策を施す方法と併せて食生活や、快適な睡眠、メンタル面のでの健康状態を良くすることによっても、改善されることもあるでしょう。

毎日鏡をみるのが楽しくなるよいいですね。