新宿・歌舞伎町に施設規模約500坪にも及ぶ、国内最大級の常設型謎解きテーマパーク「TOKYO MYSTERY CIRCUS」が2017年12月19日にオープする。

新宿歌舞伎町を訪れる方々へ、この謎解きという誰しもが引き込まれてしまうその魅力を体験して頂くことと、歌舞伎町をこれまで以上に「行きたい街」「楽しい街」というブランドイメージを作り上げていきたいという思いでオープンすると語られています。

このテーマパクは500坪(1,650㎡)にも及ぶ巨大な面積を使い「リアル脱出ゲーム」など数々の参加型謎解きゲーム・イベントを展開する。

 

SCRAPが開設する施設で地下1階から地上4階の全5フロアで構成。

フロア毎に異なる謎解き体験ができる。

 

SCRAPは「東京ミステリーサーカス」を、都市型知的エンターテイメントとして提供する、複合型フラッグシップ施設と位置づけ、今後展開する様々なコンテンツを通じて国内外問わずおどろきと興奮を提供していくとの、思いを語っています。

 

東京オリンピックを前にして、国外からの顧客も取り込み、その知名度を世界を意識してひろげていこうという、意図を持っているのっだと思います。

公園コンテンツは全5フロアで常時8種類以上の体験が可能。

 

オープンにともなってコンテンツが多数登場するほか、過去に人気のあった謎解きゲームのリバイバル版も登場する。

 

また、一日を通して楽しめるよう、パーク内では謎解きゲーム以外でも”謎”に満ちたカフェやグッズコーナーも設置する予定。

 

新宿歌舞伎町を起点に世界に新たなエンターテイメントカルチャーを発信することを、意図しているので、コンテンツは英語対応も予定している。
 


 



   
現在は12月までの期間限定で、1000㎡を超える壁面に国内最規模の巨大ミステリートリックアートを展示している。

 

このアートは2種類で合計の面積は1000㎡を超え、壁面に書くトリックアートとしては、国内最大規模になります。

3階から4階には、まるで違う空間と繋がっているように錯覚を生み出すミステリアスな巨大な絵本が描かれています。

 

展示期間は1階アートエリアを解放して、そのアートに触ったり撮影するのもokになっています。

 

なので、撮影スポットとしても利用出来ます。

 

施設概要

■施設名        :TOKYO MYSTERY CIRCUS(東京ミステリーサーカス、略称:TMC)
■施設面積       :約1,650平方メートル
■所在地        :〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-27-5 APMビル
(JR 新宿駅東口 徒歩 7 分 / 西武新宿駅 徒歩 2 分)
■料金         :後日公開までお待ちくださいませ。
■ご利用方法      :チケット制 ※2017年11月11日(土)正午より一般発売開始
■オープン予定日    :2017年12月19日(火)
■営業日・営業時間   :後日公開までお待ちくださいませ。
■公式ホームページ   :https://mysterycircus.jp
■公式Twitterアカウント:@T_MysteryCircus

詳細は随時、公式サイトで公開していくため、今後も注目したいですね。

 

SCRAPとは?

 

世界中に謎解きゲームは今数千もあると言われており、それは世界規模でのブームになっていることを意味します。

 

SCRAPは2007年に初めてリアル脱出ゲームを開催し、謎解きゲーム・イベントブームの先駆けになり、全世界で参加者をどきどきと興奮の渦に巻き込む「リアル脱出ゲーム」の数々をリリースしてきました。

 

2017年現在で全国17店舗、海外2カ国7店舗を稼働させています。

→公式ホームページ

 

 

リアル脱出ゲームとは?

発祥の元になったのは、2004年にリリースされた「クリムゾンルーム」という無料のゲームです。

このゲームは大変な人気を博した「脱出ゲーム」です。

 

このゲームの中身を、リアルに置換えて体験型脱出ゲームを提供するサービスが増え初めその人気は右肩アガリで今日まで来ています。

 

この「脱出ゲーム」東京ドーム、六本木ヒルズ他で行われ、海外へもその触手を伸ばし、上海、台湾、シンガポール、サンフランシスコなどへも展開しています。

 

日本が世界に発信できている、体験型のエンターテイメントになっておりその規模をこれから伸ばしてくフェーズにあるという状態です。

 

※「リアル脱出ゲーム」は株式会社SCRAPの登録商標です。
→公式ホームページ
→公式Twitterアカウント

 

12月のオープンが楽しみです!