審査に強い不動産屋4選のページへいく

賃貸審査に通るにはどんな条件をクリアしていればよいのでしょうか?内見をして審査の申込みをしてから、なかなか返事がこないと不安になるものです。賃貸審査にはだいたい決まった基準があり、それに基づいて通すか通さないかが判断されます。このコラムでは、賃貸審査が通る基準と落ちた場合の対処方法をご紹介いたします。

 

このコラムを読んで得られることは?

  1. 賃貸審査に通る基準が分かる
  2. 自分が通るかどうかがだいたい分かる
  3. 賃貸審査に落ちた場合の対処方法が分かる
  4. 賃貸審査に不安がある職業だとしても、審査に通る賃貸物件探しのテクニックが手に入る

 

⇩⇩⇩あなたにおすすめのコラム⇩⇩⇩

審査に通る方法のページへいく

 

 

 

賃貸審査に通りにくい職業でも、審査に通る新時代のテクニック


審査基準のお話の前に、審査に不安のある職業でも審査に通る賃貸物件をラクに効率的に見つける、イエプラというチャット不動産サービスを使った新時代の方法についてご紹介いたします。

 

賃貸審査に不安のある職業だった場合の、問題点を整理します。

賃貸審査に不安のある場合の問題点は!

  1. ネット上に掲載されている段階で、審査に通る基準がハッキリと明示されていないため、自分の職業では通らない賃貸物件に、時間と交通費を掛けて内見し、不動産屋に必要な書類を準備・作成して審査申込みをして、結果的に落とされること。

 

この問題によって生じる損失は何でしょうか?

これによって生まれる2つの損失

  1. 内見、書類準備・作成の時間と手間が無題になる
  2. 審査に落とされると精神的にへこむ

 

私個人の体験ですが、何度も審査に落ちると、正直へこみます。

そして、強く思うのはネット上に掲載している段階で、審査に通る条件をハッキリと明示してくれれば、こんな無駄な時間を使い必要がないわけです。

この問題は、入居者が見つからなくて空き室状態が続いたときに備えて、とりあえず間口を広く取っているために起きています。

大家は自分の都合のよい事情によって、われわれの大切な時間を無駄にしていると言えます。

ネットの段階で、自分の職業でも審査に通る物件かどうかを判定することができれば、この問題は解決します。

次のコラムではチャット不動産屋を活用して、ネットの段階で自分の職業でも審査に通る物件だと判明してから、内見にいくお部屋探しテクニックをご紹介しておりますので、この方法を使って効率的に賃貸物件を見つけてください。 審査に不利な職業の方でも、余裕で賃貸物件は見つけることができます!

 

 

賃貸審査に通る基準とは?


入居審査の基準は、不動産業界で統一されたものはありません。

それぞれの、大家さん・不動産屋によって基準はまちまちなのですが、大体の目安になるものを、ここではご紹介いたします。

そのため、ここで書かれた基準がどの物件でも適用されるといものではないことを、ご承知おきください。

審査のポイント

  1. 家賃を滞りなく払ってくる人
  2. 入居後にトラブルを起こさない人

この2つの点を大家さん・管理会社側は見ています。

これだけだと大ざっぱすぎますので、「家賃を滞りなく払ってくれる人」「入居後にトラブルを起こさない人」かどうかは、どこを見ているのか?についてご説明します。

家賃を滞りなく払ってくれる人かどうかの判断基準は次です。

家賃を滞りなく払ってくれる人かどうかの判断基準

  1. 月収が家賃の3倍以上ある
  2. 公務員、会社員で勤続年数が長く収入が安定している
  3. フリーター、個人事業主、派遣などの職業は不安定とみなされる

この点はとてもシンプルです。

公務員や普通のサラリーマンである程度の勤続年数があり、月収が家賃の3倍以上あれば審査に落とされることはほとんどないと考えて大丈夫です。

入居後にトラブルを起こさない人が、チェックされるポイントは次です。

入居後にトラブルを起こさない人かどうかのチェックされるポイント

  1. 言動・立ち振舞がちゃんとしている(横柄、暴力的、威圧的な人は落とされやすい)
  2. 服装がちゃんとしている(あまりにもあまりにも派手なファッションだと落とされやすい)
  3. 騒音トラブルを起こさない(水商売の人などは不利)
  4. 独身者が多い賃貸物件の場合、子持ちの人は審査に通りづらい

以上が、入居後にトラブルを起こさない人かどうかを判断するポイントです。

この点は、非常に主観的な要素が入ると思います。

 

 

 

審査は誰がするの?


審査をするのは、大家さんと不動産屋の両者で行う。 役割としては、次のような感じです。

役割分担

  1. 不動産屋→入居希望者の人柄、収入面で大丈夫かどうかを大家さんへアドバイスする。
  2. 大家さん→審査書類と不動産屋のアドバイスをもとに最終決断する。

最終的な判断は大家さんがしますが、不動産屋のアドバイスをもとに行うので、不動産屋側の決定要素も大きいと考えられます。

特に、人柄は不動産屋の担当者の主観によって決まるので、言動や身なりに気をつけることが重要です。

賃貸審査に落ちたらどうする?


審査に落ちたら、即頭を切り替えて、縁がなかったとあきらめ「自分の条件でも入れてくれる賃貸物件はたくさんあるので、それを見つけるだけのこと」と考え、お部屋探しを続けることです。

次のコラムでご紹介している方法で、お部屋探しをすれば、カンタンに見つかります。

 

⇩⇩⇩あなたにおすすめのコラム⇩⇩⇩

審査に通る方法のページへいく

 

 

 

まとめ


ここまでの話を次にまとめます。

まとめ

  1. 審査に不安のある職業でも審査に通る賃貸物件をラクに効率的に見つける方法がある
  2. 問題の核はネット上に掲載されている段階で、審査に通る基準がハッキリと明示されていないため、通らない賃貸物件に時間と手間を取られるという点である
  3. 審査のポイントは次の2つ (1)家賃を滞りなく払ってくる人 (2)入居後にトラブルを起こさない人
  4. 審査は、大家さんと不動産屋の両者で行う
  5. 審査に落ちたら、即頭を切り替えて新しい物件を探す。

不動産業界は、今の時代の流れから相当遅れている業界です。

大家の中には特定の職業や、性別を嫌いその人たちは絶対に入居させないというこだわりを持った人がいます。

しかし、それを初期段階では一切開示せず審査申込みまでも受け付けておいて、審査を落とすということを当たり前のように行っています。

信じられない迷惑行為と言っても過言ではないと思います。

このような情報を公開しないやり方に振り回されないためにも、ネットの段階でこちらから振り分けをする探し方で、ラクにストレスなく希望した物件を見つけることをおすすめします。

⇩をクリックして、その方法を活用しましょう。

⇩⇩⇩あなたにおすすめのコラム⇩⇩⇩

審査に通る方法のページへいく
引っ越し費用!見積もりをドドーンと極限まで安くする誰にでもできる超簡単な方法!
引っ越しをラクにする