チャットアプリと言えば、日本ではLINEですが、欧米、中国などで一定数の利用者がいるチャット・コミュニケーションアプリがあり、その名波「Signal」。

 

機能的にはテキストチャットはもちろん、音声、文章、写真などの様々なファイルを送信できる。

 

そして、その最大の売りはセキュアであること。

 

送受信は暗号化され、第三者が盗み見ることができない。

 

「Signal」の秘匿性を裏付ける決定的な出来事は、元アメリカ国家安全保障局(NSA)および中央情報局(CIA)の元局員で、NSAの個人情報収集の事実を暴露し、ロシアに亡命したエドワード・スノーデン氏の発言だ。

 

アメリカ当局から隠れるために、盗聴等をさせないよう所在地が分からないスノーデン氏であるが、彼が選んだチャットツールは「Signal」であった。

 

「Signal」の見た目は普通のチャットアプリとなんら変わりはありません。

 

しかし、その中身は高度な暗号化手段を使用しており、コミュニケーションを安全に保つ特徴を持っています。

 

ソースコードはオープンソースとして公開されていて、誰でもその機能が実現できているかを監視することができ、安全性が高いと言われています。

 

「消えるメッセージ」
一定期間経過するとメッセージや添付ファイルなどやりとりした情報は完全に消去される機能

「Signal」はIDやパスワードの概念はなく、ログインも不要です。その代わりに使用している携帯電話番号をキーにサービスを使用することができるようになっています。

 

 

 

PC版は以下の3OSに対応します。これまでスマートフォンやタブレットでしか利用できなかったため文字入力に限界がありましたが、これでキーボードなどからスピーディに入力することができるようになります。

 

なお、PC版はモバイルアプリのユーザーアカウントを紐付けて利用する形になります。暗号化などの秘匿性技術はそのまま、安全なコミュニケーション環境を実現することができます。

 

Windows 64-bit: 7, 8, 8.1 および 10
・MacOS 10.9 以上
・Linux ディストリビューション: APTパッケージ

 

ちなみに、日本は警察がサイバーパトロールを行っていて、私達のメール、SNSでのやり取りは監視されています。

 

これと同じことを、ハッカーやNSAも出来るわけですから、自己防衛のためには、このようなアプリの活用は重要ですね。