ホームズ,動産仲介業者,お部屋探し,メリット,デメリット,口コミ,評判,アエラス,総合不動産仲介業,首都圏,高級賃貸,無職,フリーター,借金

賃貸物件を探す際に、どうやって探すのが一番自分の希望に合った物件に効率的に、お金も掛けずにたどり着けるのか?という質問に応えられる人はあまりいないんじゃないかと思います。

それは、実際に物件探しを依頼して利用してみて初めて気が付くことが多いからでしょう。

それと、不動産業者の口コミ情報を見ると、悪いことばかり書かれています。

それは、顧客の利益に貢献すればするほど手間がかかるので、手間を最大限省き顧客の利益に反する動きを取ろうとするので、生まれ得る現象です。

手間を掛けずに、沢山の契約を取り付けるのが不動産仲介業者の基本姿勢です。

顧客の希望を最大限無視して、入居者がなかなか見つからない物件に入らせることが、会社としての利益になるのです。

ホームズのような不動産情報まとめサイトは、これらの問題をある程度解消してくれます。

このコラムでは不動産物件情報サイト「ホームズ」の口コミ、評判、良い点、悪い点、仲介手数料などの情報についてご紹介致します。


ホームズの概要

ホームズの概要は次になります。

設立:1997年3月12日
特徴:多くの不動産屋の物件情報を掲載するまとめサイト。その取扱物件数は国内でNo1。
資本金:3,999百万円(2017年3月末現在)
東京証券取引所 市場第一部
従業員数:1,140名(2017年3月末現在、内、臨時雇用者数 236名、海外子会社153名)
物件エリア:日本全国
運営企業:株式会社LIFULL

 

 

ホームズの良い点(メリット)

ホームズの良い点を挙げてみます。

(1)賃貸と売買を含めた総物件数で総合No.1
(2)仲介手数料無料に条件を絞って検索できる。
(3)物件ごとの情報が丁寧で、内装や周辺環境の写真が豊富でわかりやすい。
(4)新着物件数も多い。
(5)路線ごとの家賃相場が確認できて、物件探しの目安になる。
(6)構造別で検索可能するなど、検索の設定は非常に秀逸。

 

最大のメリットはなんと言っても、掲載物件数が多いということ。

その掲載物件数ではスーモを上回ります。

また、サイトの使いやすさも優れており、物件の検索条件を細かく設定できます。

家賃相場を調べたり、引っ越し見積も出来ます。

検索は、住所、駅・戦線、通勤・通学時間など、複数のキーから物件を検索出来ます。

 

 

ホームズの悪い点(デメリット)

ホームズの悪い点を挙げてみます。

(1)検索すると物件数が意外と少ない。スーモと比較するとかなりすくないことが多いです。
(2)掲載物件の情報鮮度が古い場合がある。

 

 

ホームズに合う人

ホームズに合う人の特徴を次に挙げます。

(1)多数の物件を見てから決めたい人。
(2)サイトを検索する段階で、希望の物件を出来るだけ絞りたい人。

 

 

ホームズに合わない人

ホームズに合わない人の特徴を次に挙げます。

(1)自分で検索して探す時間がない人。
(2)自分で探すのではなく、希望を伝えて不動産屋に探して欲しい人。




ホームズの魅力

ホームズの魅力は、掲載物件数の多さと、検索が詳細に設定できること、サイトのコンテンツが豊富なことです。

 

【サイトの検索がとても秀逸で、細かく詳細まで設定できる。】

下記のように、部屋の㎡、家賃の範囲はもちろん、築年数、バストイレ別、方角、洗濯機置場あり・なしなどの、お部屋の気になるチェックポイントを指定ができるのが凄い。

あまり沢山項目を入れると、対象物件が少なかったりゼロ件になりますが、他のサイトと比較すると圧倒的に設定項目が多いです。

 

【家賃相場が見られるのは凄い】

次のように家賃相場が見ることが出来ます。

物件を探すときには、これを基準にして高いのか安いのかの判断が出来てしまいます。

 

 

ホームズの口コミ

ホームズの口コミ情報を拾ってみました。


情報元:住まいる博士

情報元:住まいる博士
情報元:住まいる博士

情報元:ランクルー

情報元:ランクルー

情報元:ランクルー

 

サイトの検索のしやすさ、物件の豊富さに関する良い口コミが多いです。
一部問い合わせ後の対応が悪いという口コミもありますが、これはホームズの問題ではなく、物件を取り扱っている不動産屋の対応が悪いということです。

 

ホームズはあくまで物件情報を掲載するだけのサイトであり、不動産仲介業者ではないのです。

 

 

ホームズとスーモの比較

ライバルサイトのスーモとホームズの比較をしてみます。

比較項目 ホームズ スーモ
掲載物件数(賃貸・売買)
掲載物件数(賃貸)
評判/口コミ
サイトコンテツの質
サイトの使いやすさ
物件情報新鮮度

 

売買物件も入れると、スーモよりもホームズの方が掲載物件数は多く、賃貸物件数も公表上はホームズの方が多いですが、実施に案件を検索するとスーモの方が表示される件数はかなり多い場合は殆どです。

サイトの使いやすさはどちらも、優れており、サイトのコンテンツに関してはホームズは家賃相場などの情報量が多く優れているでしょう。

物件を探す際は、両方使って希望の物件を探すのが良いと思います。

 

 

ホームズの評価

ホームズを勝手に評価してみました。

ホームズの評価
★★★★☆(90点/100点)
取扱物件数 ★★★★★
サイトのクオリテイ ★★★★★
期間限定特典・サービス ★☆☆☆☆

 

 

 

まとめ

ホームズの特色、メリット、デメリットなどについて次にまとめます。

(1)賃貸と売買を含めた総物件数で総合No.1
(2)仲介手数料無料に条件を絞って検索できる。
(3)物件ごとの情報が丁寧で、内装や周辺環境の写真が豊富でわかりやすい。
(7)新着物件数も多い。
(8)路線ごとの家賃相場が確認できて、物件探しの目安になる。
(9)構造別で検索可能するなど、検索の設定は非常に秀逸。
(10)検索すると物件数が意外と少ない。スーモと比較するとかなりすくないことが多いです。
(11)掲載物件の情報鮮度が古い場合がある。

ホームズは、その掲載物件数、情報量、サイトの使いやすさ、スマホアプリの使いやすさどれを挙げても、優れています。

しかし、賃貸物件数はスーモの方が実際に使ってみると多いので、両方を使いながら、希望の物件をリストアップして、時間の取れる範囲で多くの物件を内見して決めるのが良いでしょう。

 

一つ欠点は、スーモもホームズも掲載物件を問い合わせると既に埋まっているケースがあります。

これは他の不動産仲介会社の物件を掲載しているので、情報の鮮度は情報提供元の会社よりも劣るのは仕方がないでしょう。

 

このロスをなくす方法で良いのは、「イエプラ」というチャットで希望の物件を探してくれるサービスを利用することです。

 

このサイトは、会員登録をしてチャットで希望物件を担当者に探してもらうことができるサービスですが、ホームズやスーモに掲載されている物件のURLを送って空き状況の確認がネット上で出来てしまいます。

 

いわいる持ち込み物件も取り扱ってくれるのです。

ここで、空き状況を確認した上で空いている物件のみ、内見を申し込むのが時短にないり、ストレスも少なくなります。

 

→イエプラの詳細はこちら