審査に強い不動産屋4選のページへいく

賃貸の入居審査で見られるポイントの一つに収入額があります。この収入額は家賃の3倍以上あることが、審査に通る条件の目安になると言われていますが、これは手取りなのでしょうか?それとも総支給額なのでしょうか?これは一般的には総支給額だとされています。このコラムでは、その収入の目安が総支給額なのか、手取りなのかについての情報をご紹介いたします。

 

 

このコラムを読んで得られることは?

  1. 賃貸審査の収入額は総支給額なのか手取りなのかが分かる
  2. 審査に不安がある人でも、ラクに効率的に審査に通る物件を見つける方法が分かる

 

 

 

ラクにかんたんに審査に通る物件を見つける秘訣


賃貸審査に通りづらい職業のでも、ラクに効率的に審査に通る賃貸物件を見つける新しい方法があります。

 

⇩⇩⇩⇩をクリック!

審査に通る方法のページへいく

 

その方法を、この記事で解説しております。

 

それは、チャット接客型不動産屋を活用することで、かんたんに実現します。

 

審査に通りづらい職業であることは、問題の本質ではありません。

 

審査に通る賃貸物件をネットの段階で知る方法を知らないことが問題なのです。

 

あなたの職業だと、審査に通してくれない賃貸物件に問い合わせをして、不動産屋まで出向き、内見をして、審査申込みをした場合。

 

結果はどうなるでしょうか?

 

もちろん落とされます。

 

あなたの職業では通さない大方針を持った大家の審査は当然落ちます。

 

これは無駄な時間投資以外の何物でもない行為です。

 

不動産屋に時間等交通費を掛けて行くなら、その前に自分の職業でも通してくれる物件であることを確認してから行けば済む話なのです。

 

チャット接客型不動産屋を使って、不動産屋に行く前に、審査に通るかどうかの感触を得ることが可能です。

 

その具体的な方法は次のコラムを読んでください。

 

もう、通らない物件に時間をとられるような、もったいない行動はやめて、通る物件であることを見極めたものだけに限って不動産屋へ行き内見をしましょう。

 

⇩⇩⇩あなたにおすすめのコラム⇩⇩⇩

審査に通る方法のページへいく
審査に強い不動産屋4選のページへいく

 

 

 

賃貸審査の収入額は総支給額!それとも手取り額!


賃貸審査に通るには、家賃の3倍以上月収があることが目安になると言われています。

 

この額は、税引き後の手取り額ではなく、総支給額を基準に判断されます。

 

総支給額の早見表は次です。

《早見表》

年収 賃料
180万円 5万円
200万円 5.6万円
220万円 6.1万円
250万円 6.9万円
280万円 7.8万円
300万円 8.3万円
350万円 9.7万円
400万円 11.1万円
450万円 12.5万円
500万円 13.9万円
600万円 16.7万円
800万円 22.2万円
1,000万円 27.8万円
1,200万円 33.3万円
1,500万円 41.7万円

総支給額で、この金額の収入がある賃貸物件を選べば、賃貸審査に通る可能性は高いと考えられます。

 

 

 

おわりに


賃貸審査は、家賃の3倍の月収があれば通りやすいと言えますが、それ以外にも、フリーランス、個人事業主、フリーター、水商売、派遣などの職業だと通りづらい傾向が顕著あります。

 

私キアラは個人事業主なのですが、家賃に対する収入では十分あるのにもかかわらず、いろいろな賃貸物件で落とされました。

 

その末で見つけた方法が、チャット接客型不動産屋を使う方法です。

 

この方法で、審査に落とされるという屈辱を体験することなく、ラクで効率的な賃貸物件探しができます。

 

⇩⇩⇩⇩をクリック!

⇩⇩⇩あなたにおすすめのコラム⇩⇩⇩

審査に通る方法のページへいく
審査に強い不動産屋4選のページへいく

この方法を早く知って実行してください。

 

 

 

引っ越し費用!見積もりをドドーンと極限まで安くする誰にでもできる超簡単な方法!
引っ越しをラクにする