審査に強い不動産屋4選のページへいく

D-room賃貸の審査は厳しいという情報があります。D-room賃貸は設備が充実しており、機能性の高さでは、他の賃貸とは一線を画する人気賃貸住宅です。そして、通常の入居審査に加え「D-room Card発行」と「保証会社」の2つ審査があります。D-room賃貸はこの2つの審査が厳しいようです。このコラムでは、D-room賃貸の審査に関する情報と、審査に通る裏テクニックをご紹介いたします

 

このコラムを読んで得られることは?

  1. D-room賃貸の審査事情が明確になる
  2. D-room賃貸の審査を攻略する方法が分かる
  3. D-room賃貸の審査を楽勝で通す裏テクニックが手に入る

 

 

 

ietty(イエッティ)を使ってD-room賃貸の審査を楽勝で通す裏テクニック


D-room賃貸は他の賃貸物件と違って、D-room Cardの作成を勧められる点に注意が必要です。

 

この点が注意するべきポイントではありますが、D-room賃貸の審査に通る秘訣は、他の賃貸物件と何ら変わりはありません。

 

その注意すべきポイントは?ネットの段階で自分の職業・年収・金融資産の額で審査に通る物件かどうか?を知ることです。

 

自分の条件では落ちる賃貸物件に、審査申込みをすれば当然落ちます!

 

これはiettyというチャット接客型不動産屋を使えばすぐに完璧に解決します。

 

チャット不動産屋とはどんなものか?アプリをインストールして画面を見てください。

⇩⇩⇩クリック⇩⇩⇩
→ietty(イエッティ)アプリ

 

iettyは不動産屋の担当者がスマホやパソコンに常駐してくれている状態を作ってくれます。

 

電車の中で、カフェでも、ランチ中でも、物件情報をくれて、質問すれば爆速で回答をくれます。

 

いちいち不動産屋の店舗まで出向いて相談する必要はありません。

⇩⇩⇩クリック!⇩⇩⇩
→ietty(イエッティ)アプリ

iettyアプリをインストールしたら、D-room、住みたい場所、を入力してみましょう。

するとチャットで、回答がきます。

 

span class="sc_marker-animation blue">空いているD-room賃貸物件を提示してくれますので、あなたの職業を伝え審査が通るかどうかを打診します。

 

その上で、良い返答が来たものから、内見をしていくと審査に落ちることはほぼありません。

今すぐiettyアプリの使い勝手を確かめてみましょう。

今すぐ⇩⇩⇩をクリック!

iettyアプリはここをクリック

 

 

 

 

D-room賃貸の審査事情は?”D-room Card”がクセモノ!


D-room賃貸の特色と言える部分が、”D-roomCard”と保証会社です。

 

D-roomの審査の通る難易度を次の表にしました。

 

項目 審査の難易度
D-roomCard+保証会社+通常の審査 少し高い
保証会社+通常の審査 普通
通常の審査 やさしい

 

D-room賃貸はまず、D-roomCardと保証会社への加入を勧められます。

 

この両方を利用する場合は、D-roomCardの審査、保証会社審査、入居審査の3つの審査が必要になりますので、その分審査に落とされる可能性は高くなります。

 

D-room賃貸は、D-roomCardへの加入は必須ではなく、保証会社の加入は物件によって任意・必須の両方のケースがあります。

 

つまり、審査に不安がある方は、D-roomCard、保証会社ともに加入しないのが得策です。

 

家賃の支払は今持っているカードで可能ですし、カードがない場合は銀行口座からの自動引き落としもできます。

 

 

 

D-roomCard、保証会社、入居審査の難易度は?


ここでは、D-room賃貸のD-roomCard、保証会社、通常の入居審査それぞれの難易度についてご紹介いたします。

 

D-roomCard

すでに述べたように、D-room Cardを使うかどうかは、自由選択ですが、内見時には必ず加入を勧められます。

 

これは、管理会社である大和ハウスの方針のためです。

 

D-room Cardを発行すると、カードにはクレジットカードが付属します。

 

そのため、普通のクレジットカードを発行するときと同じように審査されます。

 

カードの滞納がある場合は、落とされる可能性が高いので、カード審査に不安がある方は加入を避けたほうがよいでしょう。

 

D-roomCardの審査に落ちると、通常の入居審査でも落とされる可能性が高くなります。

 

D-room Cardの使用はD-roomへの入居条件ではないということを、意識しておくと良いでしょう。

 

また、カード審査に不安がない方なら、D-roomCardを発行しても良いと思いますが、審査の日程が少し増えるので、引っ越し日に余裕がない場合はおすすめしません。

 

 

 

保証会社

D-roomが提携している保証会社は信販系ではなく、独立系と言われている「イントラスト」「アールエムトラスト」のどちらかです。

 

この2社は傾向としては、審査基準はやさし目です。

 

なお、「イントラスト」はクレジット会社との提携があり、審査の際は信用情報を参照した上で審査に通すかどうかを判断しますので、「アールエムトラスト」と比べると若干ですが審査基準は厳し目だと言われています。

 

しかし、どちらの保証会社にするかの選択権は、入居者にはないのでこの点を考えても仕方がありません。

 

D-room賃貸の保証会社の審査はやさしめであると考えて大丈夫です。

 

なお、保証会社の利用は任意の物件が多いので、加入が条件ではない物件の場合は入らないほうが得策です。

 

⇩のように連帯保証人も保証会社も不要の物件があります。

 

 

 

通常の入居審査

通常の入居審査は、D-room賃貸は普通の賃貸物件との基準の差はないと考えて良いでしょう。

 

D-room賃貸に限らず審査で見られるのは(1)家賃の払い能力があるか?(2)入居後に近隣の人とトラブルを起こさない人か?の2つです。

 

(1)家賃の支払能力は「家賃☓36<年収(総支給額)」が目安になります。

 

収入がこの基準に満たない場合は、審査に落ちる可能性が高いと考えられます

 

また、収入はあっても派遣、フリーター、個人事業主などの安定していない職業の場合も落とされる可能性が高いと言えます。

 

(2)は内見以降不動産屋と接する際の、言葉遣いと服装で判断されます。

 

この点はちゃんと敬語を使い、普通の服装で行けば問題はないでしょう。

 

 

 

 

D-room賃貸、入居審査の流れ


D-room賃貸の審査~契約までの流れは次です。

 

《D-room賃貸、入居審査の流れ》

ステップ 内容
Step1 書類を提出する。
※本人確認書証(運転免許証、パスポートなど)
Step2 入居申込みをする(アプリでできる)
Step3 審査に通る
Step4 契約書に記名・押印する。
準備する書類:印鑑証明、住民票、収入証明書(源泉徴収票のコピーなど)、銀行通帳と印鑑orクレジットカード、連帯保証人の住民票・収入を収入証明書
Step5 入居する

 

D-room賃貸は審査前の入居申込の段階では、本人確認書類だけでできてしまうところが特殊です。

 

物件によっては、D-roomCardの加入が条件になっているところもありますが、加入を拒否しても問題はないようです。

 

D-room賃貸は、D-roomCardと保証会社を使わない場合、審査は甘い部類に入ると考えられます。

 

 

 

 

まとめ


ここまでの話を次にまとめます

まとめ

  1. チャット接客型不動産屋ietty(イエッティ)を上手に使うと、審査に通る物件をラクに効率的に見つけることができる
  2. D-room賃貸の審査は、D-roomCardの発行を断るのが得策
  3. D-room賃貸の審査は保証会社の加入を断るのが得策
  4. D-roomCardの審査は普通のカードと同じレベルの基準である
  5. D-room賃貸の保証会社の審査はやさし目
  6. D-room賃貸の入居審査は甘い
  7. D-room賃貸の入居申込みの段階では「本人確認証」だけでできる

 

入居審査に不安がある方は、ietty経由でD-room賃貸に問い合わせ、入居審査に通りやすい物件なのかどうかをチャットで確認してから、申込むのがおすすめです。

 

また、チャットの段階で審査の後押しを頼んでおくことも重要です。

 

内見の前にできるだけ、自分の職業で審査に通してほしいという要望を伝えておくことで、審査に通る確率が格段に上がります。

今すぐ⇩⇩⇩をクリック!

iettyアプリはここをクリック

 

 

 

引っ越し費用!見積もりをドドーンと極限まで安くする誰にでもできる超簡単な方法!
引っ越しをラクにする