1996年に初代たまごっちが発売され大ブームになりました。

 

それから、多くの月日が流れ多くの機種が発売され最新の機種は、2016年7月16日に発売された「Tamagotchi m!x (たまごっちみくす) 」になりそれ以降は、ベースを同じにして、お出かけ場所やキャラクターを増やしてニューバージョンを出して来ています。

 

このコラムでは「たまごっちみくす」の基本情報、値段相場などの情報をご紹介致します。

 

 


初代たまごっち

初代「たまごっち」は1996年11月23日に発売され、手のひらサイズのたまご型携帯ゲームの中で、育成という今までにはなかったコンセプトで登場した。

 

その内容はキャラにごはんやおやつをあげたり、トイレに行かせたりしながら育てるというもの。

 

その育て方によって、次のなるキャラが変わっていくのが楽しくて爆発的な人気を呼び、1999年3月末までに全世界でシリーズ累計4000万個を売り上げました。

 

当時は超大ブレイクで、手に入れるのが大変の製品でした。

また、プレミアムが付いてすごい値段で取引されていました。

 

また、キャラの可愛らしさもその人気が出た要因の一つだと思います。

 

 

初代たまごちのキャラクター情報は↓の記事を参照願います。

 

 

最新機種のたまごっちみくす

初代たまごっちとは、次元が違うレベルになって登場です。

 

 

 

 

その違いは「mix(ミクス)」機能がついたことです。

つまりは、キャラ同士を結婚させてそこから生まれる子供は親の遺伝子を引き継いで、どこかしら似るというもの。

 

 

 

生まれて来たキャラクターが成長して大人になると、だんだんと母親に似てきたり、性格が父親に似てきたりします。

 

またおじいちゃんやおばあちゃんに似てくることもあります。

 

初代のたまごっちなんて、育て方の傾向によって大体次に出てくるキャラクターは決まってしまっていて、そんなにバリエーションを作ることができませんでした。

 

その人の癖が出て、毎回同じキャラにしかならないという落ちになる人が多かった気がします。

 

しかし、みくすはそのバリエーションが豊富です。

 

孫、曾孫と世代が進んでいけばもう同じ姿のキャラはいなくなります。

 

その組わせは数万通りにもなるそうです。





たまごっちみくすのバージョン

 

2016年7月16日発売のTamagotchi m!x (たまごっちみくす)は次の2バージョンが発売されました。

 

・メロディm!xバージョン

・スペイシーmixバージョン

 

色はそれぞれ、ピンク、ブルー、パープルの三色。

 

Tamagotchi m!x (たまごっちみくす) Melody m!x ver.

2016年7月16日発売

 

 

Tamagotchi m!x (たまごっちみくす) Spacy m!x ver.

2016年7月16日発売

 

 

 

 

20th Anniversary mix ver.

2016年11月23日発売

 

 

 

サンリオキャラクター  ズver.

2017年4月15日発売

 

 

 

 

Dream M!x ver.

2017年7月15日発売

 

 

 

アニバーサリーギフトセット

2017年11月23日発売

 

たまごっちみくすの値段相場は?

 

 

たまごっちみくすの値段相場は日々変動はしますが、だいたい次の通りです。

 

2016年7月16日発売 Melody m!x ver.、Spacy m!x ver.

4,200円~4,500円

 

 

2016年11月23日発売 20th Anniversary mix ver.

5,700円~7,500円

 

 

2017年4月15日発売 サンリオキャラクターズver.

7,300円~7,500円

 

 

2017年7月15日発売 Dream M!x ver.

5,600円~6,000円

 

 

2017年11月23日発売 アニバーサリーギフトセット

7,000円

 

 

サンリオキャラクターズバージョンは今年の4月に発売されましたが、やはり人気が高く相場を落ちないです。

 

サンリオのキャラクターや場所が登場するのは楽しですね。

 

 

 

まとめ

2016年7月16日に発売した、最新のたまごっちみくすシリーズは、ベースを同じくして、お出かけ場所を増やしたり、キャラクターを増やしたりしながら、ニューバージョンを出しています。

 

↓が表になりますが、どんどん増えています。

 

キャラクターが増え、お出かけ場所が増えるとその分バリエーションが増えるので、もうキャラがかぶるなんてことはないでしょう。

 

 

あとは、価格は高くなりましたね。

 

初代の1,980円ですから、その3~4倍になりました。