本日9月27日夜7時~、テレビ東京で「世界!ニッポンへ行きたい人応援団3時間スペシャル!」放送する。

 

今回の番組には、なんと’92の日本シリーズで3試合を完投し、イニング数30、投球数は430にも及んだ、ヤクルトスワローズの岡林洋一投手が再登場する。

 

昨年の12月にも、同じスペシャル番組がありました。

 

その時は、パラグアイで一緒に野球をやっていた、関さんという方を番組にお呼びし、なんとその場で白球での交流を34年ぶりにやったのでした。

 

岡林洋一さんは、パラグアイ出身のなので、そのとき生まれ故郷に帰りたくなったそうです。

 

その後、実際に帰郷して、当時の野球チームメンバーとの再開を果たしました。

 

そして、なんと、35年ぶりに当時のバッテリーを組んで、現役チームと対戦するということになりました。

 

その時のピッチングは、昔を彷彿させる「高速スライダー」を見せてくれます。





岡林洋一さんのスペック

 

名前:岡林 洋一

生年月日:1968年4月11日

国籍:日本

身長:186cm

体重:79kg

出身校:高知商業

専修大学

プロ野球:ヤクルトスワローズ

1991~2000年

コーチ:ヤクルトスワローズ

2001~2004年

タイプ:右投げ左打

通算成績

防御率 勝利 敗戦 セーブ 試合 完投
3.51 53 39 12 175 31.8

 

★パラグアイ時代

14歳までパラグアイに在住し、それから家族の出身地である高知県へ戻る。





★野球歴

高校は高知商業。

2年生時のエース中山裕章の控え投手として出場し。

3年生時のエース・主将として第68回全国選手権に出場し、ベスト8

 

・1987年、専修大学に入学。

 

3年生の時東都大学リーグで6勝1敗をあげる。

史上最多となる31回目の優勝にエースとして貢献し、最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインに選ばれた。

 

リーグ通算62試合に登板し28勝18敗、防御率1.85、248奪三振。

・1990年度ドラフト会議でヤクルトスワローズから1位指名で入団。

 

・1991年 抑え投手として活躍し、12勝6敗12セーブをあげる。

 

・1992年は開幕から先発へ転向して活躍。

西武ライオンズとの1992年の日本シリーズでは、第1・4・7戦に先発登板し、いずれも完投し、敢闘選手賞受賞。延長戦が2試合あったため、30イニング、430球を投げ抜いた。

 

・1993年は先発として登板するも、5勝目(4敗)を挙げたのを最後に次第に負けが込み。途中から約2カ月故障離脱。

 

・1994年はチーム最多の11勝を挙げた。

 

・1995年は8月に右肩と右膝を痛めて戦線離脱。

オフのには故障箇所を手術。

・1996年は一軍登板なしに終わった。

 

・1997年、シーズン通して1勝にとどまった

・1998年は一軍登板なし。

 

・1999年は中継ぎで879日ぶりの白星を挙げる。

 

・2000年は6試合の登板にとどまり、同年限りで現役を引退。

 

・2001年にヤクルトの二軍投手コーチに就任。

 

・2005年からはスカウトへ転身。

 

なんかこうやって経歴を見ると、西武との伝説日本シリーズ30イニング、430球で完投した試合なんかで印象が深いけど、結構たいへんな野球人生なんだなと思いました。

 

プロで活躍したのはたったの3年なんだよね。

 

これで、肩を痛めたというのは、なんとも残念です。

今では考えられない登用ですし。

 

当時の投球をみると、たまが早くて、力があり、すごく走っている。

スライダーがストレートと見分けがつかなくて、殆ど打てない。

 

〈岡林の初完封動画〉凄すぎて、誰も打てそうにない。

 

 

《出演者》織田信成、眞鍋かをり、高橋茂雄
《ゲスト》三宅裕司
《ナレーション》武田広、増田明美、神田沙也加

《ホームページ】http://www.tv-tokyo.co.jp/nipponikitaihito/