審査に強い不動産屋4選のページへいく

入居審査に落ちたらどうすればよいのでしょうか?それはかんたんです!通らなかった賃貸物件をキッパリと諦めて、新たに物件探しを始めることです。そして、たた始めるだけでは、時間がもったいないので、賃貸の入居審査に落ちない賃貸物件探しの具体的なテクニックを使って、再度賃貸物件探しを始めるのが良いでしょう。このコラムでは、審査に落ちない新時代の賃貸物件探索術についてご紹介いたします。

 

このコラムを読んで得られることは?

  1. 審査に落ちない、賃貸物件の探し方が分かる
  2. 審査に落ちることで、どれだけ時間が無駄になるのかが分かる

 

 

 

賃貸審査が通る物件をラクに効率的に見つける新時代の方法

賃貸の入居審査に落ちたら、やるべきことは、落ちた物件と落ちたことをキッパリと忘れて、新たにお部屋探しを開始するということに尽きるでしょう。

しかし、再度同じ方法で賃貸物件探しを始めるというのは得策ではありません。

 

次項でお伝えする通り、入居審査に落ちることによって「多くの時間の損失が生まれる上に、心理的ダメージまで受ける」ことになるのです。

 

入居審査に落ちることを避けるには、ネットの段階で自分の職業・年収などの条件で審査に通る物件であることを、確認できるかに全てがかかっています。

 

入居審査に落とすという行為は、大家側に大きな問題があると思うのです。

 

審査に落とすなら、ネットに掲載している段階で審査に通る基準を明確にすべきだからです。

 

審査に落ちるという問題は、大家・不動産屋側がその基準を開示せず隠していることにあります。

 

であれば、ネットの段階でその基準を知ってから、審査に通る物件をチョイスして内見→審査申込み→契約というふうに、手順を進めれば良いだけです。

 

このネットの段階で、審査に通るか物件かどうかの目星をつけることができるツールがあります。

 

それは、ここ何年かで台頭してきた、チャット接客型不動産屋のイエプラです。

 

イエプラを使えば、自分の条件でその物件が審査に通りそうかどうかを、チャットで聞き出すことができます。

 

これができれば、劇的に審査に通る物件を見つける時間が短縮されます。

 

いちいち、通らない物件を見るために不動産屋まで時間と交通費を掛けて出向く必要がなくなります。

 

⇩⇩⇩をクリック!⇩⇩⇩
→イエプラ

ささっと、イエプラのページを見てみましょう!

 

このイエプラを使って、審査に通る物件をラクに効率的に探す方法を次にコラムで解説しておりますので、この方法を使って見てください。

⇩⇩⇩今すぐクリック⇩⇩⇩

審査に通る方法のページへいく

 

 

 

審査に1回落ちることで失う時間は?なんと3日間にもなる!


ご存じですか?

 

1回入居審査に落ちると、それによって失う時間は3日間にもなるという事実を。

 

これは2回落ちれば6日間、3回落ちれば9日間にもなってしまいます。

 

次の表を見てください。

 

作業内容 時間
お部屋の検索 3時間
問い合わせ 1時間
内見移動 2時間
内見 2時間
歩いての近隣調査 3時間
ネットで近隣調査 3時間
引っ越し費用調査 3時間
不動産屋打ち合わせ 1時間
書類の準備 3時間
不動産屋を再訪問 3時間
合計 24時間
労働にすると24時間は3日分に相当します。

 

1回入居審査に落ちると24時間もの時間を失うことになります。

 

8時間労働だとすると、24時間は3日間に相当します。

 

ネットで物件を検索して、不動産屋に問い合わせて現地まで出向き内見をしてから、審査の結果が出るまでには相当の手間と時間がかかります。

 

もしも、引っ越し先が遠いところだとしたら、3日間どころかその何倍もかかります。

 

賃貸の入居審査に落ちるということは、相当の時間と手間を損失することになります。

 

私キアラは強く思います。

 

なぜ、ネットに掲載している段階で、審査に通る基準を掲載してくれないのかと。

 

入居先を探す側の時間や労力に対する気遣いは全くないわけです。

 

 

賃貸の入居審査に落ちたらまずやるべき3つのこと

入居審査に落ちたらまず次のことを行うと良いでしょう。

 

入居審査に落ちたら、やるべき3つのこと

  1. 不動産屋と面談したときの服装はきちっとしていったか振り返る
  2. 不動産屋と面談したときの言葉遣いは、丁寧にものだったか振り返る
  3. 家賃は月収の1/3以下だったか?

 

この3つを振り返り、もし問題があると思ったら、次から改善するのがおすすめです。

 

職業で落とされる場合は仕方がありませんが、面談時の対応はいくらでも改善できます。

 

不動産屋と面談している、そのときだけで良いので、身なり・言葉遣いには気を使って挑むことが重要です。

 

 

 

まとめ


ここまでの話を次にまとめます。

 

まとめ

  1. 自分の職業・条件でも賃貸審査に通る物件を見つけるのは、チャット不動産屋を使えばラクに、効率的にできる
  2. 審査に落ちる原因は、ネットの段階で審査に通る物件かどうかが明記されていことにある
  3. 審査に1回落ちることで失う時間は?なんと3日間にもなる
  4. 審査に落ちたら次の3つのことをすべき (1)不動産屋と面談したときの服装はきちっとしていったか振り返る (2)不動産屋と面談したときの言葉遣い、丁寧なものだったか振り返る (3)家賃は月収の1/3以下だったか?

 

賃貸の入居審査に落ちたら、やるべきことは明確になりましたでしょうか?

 

私は不動産屋・大家側が、入居希望者に申込みに対して審査に落とすということそのものが、非常におかしいシステムだと考えます。

 

落とすなら、ネット上にその基準を明記すべきですし、していないで落とすなら、それに要した日当を払うべきでしょう。

 

その物件の審査の基準はどのようなものなのか?についてシビアに見ながら賃貸物件を探すことで、この問題は解決します。

 

⇩⇩⇩あなたにおすすめのコラム⇩⇩⇩

審査に通る方法のページへいく

イエプラというチャット接客型不動産屋を活用して、ラクに効率的に自分が望む賃貸物件を見つけてください。

 

 

 

引っ越し費用!見積もりをドドーンと極限まで安くする誰にでもできる超簡単な方法!
引っ越しをラクにする