審査に強い不動産屋4選のページへいく

賃貸審査に落ちる人はどんな人なのでしょうか?賃貸審査に通るか落ちるかの目安になる基準はたしかにあります。ますはその基準を満たしているかどうかを考えて、その範囲の賃貸物件を探せば、賃貸審査に通る可能性は高いと言えます。このコラムでは、賃貸審査に落ちる人の条件と、落ちないようにするための具体的な対策・方法をご紹介いたします。

 

このコラムを読んで得られることは?

  1. 賃貸審査に落とされる条件が分かる
  2. 自分がどのような物件を探せばよいかが分かる
  3. 賃貸審査に通る物件をラクに効率的に見つける新時代の方法が分かる

 

 

 

1回審査に落ちることで失う時間はなんと3日間という事実


あなたはご存じですか?

 

賃貸の入居審査に1回落ちるごとになんと3日間もの時間を損失しているという事実を。

 

次の表を御覧ください。

 

《賃貸の入居審査申込みまでかかる時間と項目》

 

作業内容 時間
お部屋の検索 3時間
問い合わせ 1時間
内見移動 2時間
内見 2時間
歩いての近隣調査 3時間
ネットで近隣調査 3時間
引っ越し費用調査 3時間
不動産屋打ち合わせ 1時間
書類の準備 3時間
不動産屋を再訪問 3時間
合計 24時間
労働にすると24時間は3日分に相当します。

 

この表で分かる通り、審査申込みまでにはいろいろな作業が発生し、それにかかる時間は24時間程度にまで及びます。

 

1日8時間労働だとすると、それは3日間分に相当します。

 

審査に1回落ちると、3日間、2回落ちると6日間、3回落ちると9日間という時間を損失することになります。

 

3日間あれば1回旅行できますし、仕事なら一仕事仕上げることができる時間です。

 

賃貸の入居審査に落ちるということは、かなり痛い損失と言えます。

 

そして、ネットに掲載されている段階では、個人事業主は審査に通さない、フリーターは不可、収入は家賃の3倍以上限定などの審査に通る基準の明示は一切されません。

 

それで、来店させておいてそのような理由で落とすわけです。

 

これは不動産屋と大家側の入居希望者をたくさん集めてそのなかから、安定した職業の人を審査に通すというやり方によって生じている問題です。

 

入居を希望する側の時間の無駄を生じさせながら、自分の利益を増やそうという考えに基づいています。

 

この時間を奪う行為から自分を守る権利が、私たちにはあると思います

 

→イエプラというチャット不動産屋を使って、審査に落ちない物件を抽出する方法をご紹介いたします。

 

 

 

審査に落とされる理由は?それを避ければよいだけ


賃貸の入居審査に落ちるという問題の本質はどこにあるのでしょうか?

 

それはあなたの職業や年収そのものは、関係がありません。

 

 

 

審査に落ちる原因は大家側にある

審査に落ちて、多くの時間を損するという問題の原因はなんでしょうか?

 

それは、審査に通る基準が明示されていないということにその本質があります。

 

大家にはいろいろな考え方の人がいます。

 

例えば、「男性で個人事業主の人は絶対に審査に落とす」という考えの大家がいたとします。

 

しかし、その条件は決してネットの募集条件に記載させることはなく、隠されています。

 

当然ですが、個人事業主の若い男性も、その物件を気に入れば申込みに来るわけです。

 

そして、審査申込みまでしたあげく落とされることになります。

 

これは、不動産屋と大家にいたずらにもてあそばれているということを意味します。

 

 

 

なぜ審査基準を隠すのか?

かれらは、なぜ募集の段階で審査の基準を隠すのでしょうか?

 

それは、物件がもしなかなか埋まらずに空き室状態が続いた場合、審査条件を緩めてでも入居者を見つけたいと思っているからです。

 

そのような事情のために、多くの人たちが審査に落とされるという損失を被ることになっているわけです。

 

審査に落とされて時間を失う被害者を生み出すことで、利益を上げようとするやり方なのです。

 

しかし、これは当然だとも言えます。

 

人から何かを奪って、自分の利益を増やすというのは、資本主義の当たり前の行為だと言えます。

 

 

 

賃貸審査に通る物件をラクに効率的に見つける新時代の方法


人から時間を奪い取って利益を上げようとすることは良いとしても、時間を奪われないように工夫する権利が我々にはあります。

 

ここからはその具体的な方法をご紹介します。

 

イエプラというチャット接客型不動産屋を使えば、カンタンです。

ietty,イエプラ,@nifty不動産,SUUMO(スーモ),ホームズ(HOME'S),いい部屋ネット,CHINTAI,アパマンショップ,エイブル,at home,賃貸アプリ,おすすめ,ランキング

 

イエプラとは、チャットを使って賃貸物件情報を提供してくれるサービスです。

 

スマホやパソコンの中に、不動産屋の担当者が常駐してくれている状態になるというイメージです。

 

⇩⇩⇩クリック!⇩⇩⇩ Лアフィリリンク()→→イエプラ イエプラのページをササッと見てください。

 

イエプラはチャットで賃貸物件の情報を教えてくれて、それに対して質問を投げれば爆速で回答をくれます。

 

span class="sc_marker-animation blue">チャットで自分職業・年収で審査に通るかどうかを確認した上で、行けそうな物件のみ話を進めればよいのです。

 

もっと詳しいテクニック・方法については⇩の記事を参照ください。

審査に通る方法のページへいく

 

 

 

賃貸審査に落とされる条件が分かる


審査に落とされる場合の条件を考えてみます。

 

審査でチェックされるのは2つ

  1. 家賃を滞りなく払ってくる人
  2. 入居後にトラブルを起こさない人

 

 

 

家賃を滞りなく払ってくれる人かどうかの判断は、次の点を見ています。

家賃を滞りなく払ってくれる人

  1. 総支給額の月収が家賃の3倍以上あるか?
  2. 安定した職業についているか? 公務員、会社員は審査に通りやすい
  3. 個人事業主、フリーター、派遣、水商売は審査に通りにくい

 

入居後にトラブルを起こさない人かどうかは、次の点を見ています。

家賃を滞りなく払ってくれる人かどうかの判断は

  1. 言葉遣いや言動が丁寧かどうか?
  2. 服装や身なりに清潔感があるか?

 

 

この点は不動産屋の担当者の主観がはいるので、どのような言動がよく、どのような服装がよいのか?というのは具体的な基準は曖昧です。

 

間違いなく言えるのは、ちゃんと敬語を使い乱暴な言動、攻撃的な言葉遣いは避けることと、服装については極端に派手はものは避けるのが良いでしょう。

 

 

まとめ


ここまでの話を次にまとめます。

 

まとめ

  1. 1回審査に落ちることで失う時間はなんと3日間という事実
  2. 賃貸審査に落ちる原因は、ネット上の掲載に審査を通す基準が明記されていないため
  3. イエプラというチャット接客型不動産屋を使えば事前に審査が通るかどうかが分かる
  4. 賃貸審査に落とされる条件は次に2つ (1)家賃を滞りなく払ってくる人 (2)入居後にトラブルを起こさない人

 

賃貸審査に通る物件をラクに効率的に見つけるなら、チャット不動産屋イエプラを使えばカンタンです。

⇩⇩⇩クリック!⇩⇩⇩

審査に通る方法のページへいく
引っ越し費用!見積もりをドドーンと極限まで安くする誰にでもできる超簡単な方法!
引っ越しをラクにする