ポケモンの公式LINEアカウントに、マイクロソフトが開発してきたAI技術が導入されることになった。

 

これはマイクロソフトのAI「りんな」での培った技術と研究開発組織Microsoft Reseachで開発された最新技術をを導入する。

 

これで利用者はなにができるかというと、ポケモン公式LINEアカウント「ロトム」でAIで会話をすることを通して、ゲーム『ポケットモンスター』シリーズの最新作『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』の世界を楽しむことができるというもの。

 

「ロトム」は会話の返答をリアルタイムで生成しており、ポケモンに関する会話ではインターネット上のデータに加えて、800種類以上のポケモン公式図鑑データやユーザー間のオンラインバトルデータを利用してその返答を生成する。

会話を重ねていくと、「ロトム」がユーザーの会話力を診断したり、『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』の冒険の舞台になっている。アローラ地方のポケモンを紹介してくれたりする。





 

「ロトム」とポケモンの名前限定のしりとりを行うことなどもできてしまう。

 

「ロトム」と仲良くなると、「ポケットモンスターウルトラサン・ウルトラムーン」で利用できるプレゼントも入手することができる。

 

 

 

この取組の実施期間は、2017年10月26日~2018年1月31日までの予定。

 

普段の生活の中に組み込まれているLINEという媒体の中に、ゲームの一部分を組み込んしまうという、ユーザーのマインドシェアを占拠する有効な方法ですね。

 

どうやって、マインドシェアを取り続けるかをし続けないと、他のサービスに取られてしまう時代なんだと思います。