Fitefoxがブラウザーの新しいバージョンを出し、2倍の速度がでるという。

 

11月14日リリースらしいので、とりあえず使ってみようと思う。

 

今のFirefoxはめっちゃ重くて、Dビデオ専用ブラウザーとして私は使っています。
Dビデオがサポートしているのが、IEとFirefoxだけなのでしかたがないのです。





ASCIIの記事から転載


 

Mozillaは10月31日、最新のウェブブラウザーである「Firefox Quantum」についての発表会を開催した。

 

Firefox Quantumは11月14日に正式リリース予定になっている。

 

Mozillaでブラウザーの開発を担当するジェフ・グリフィス氏によると、「2年の開発期間をかけ、あらゆるユーザーに対してパフォーマンスを飛躍的に向上させた」とのことで、とにかくスピードアップを目指したと語っています。

 

ベンチマークの結果

 

具体的には「SPEEDMETER 2.0」というベンチマークプログラムにおいて、6ヵ月前のバージョン(52)と比較して2倍のパフォーマンスを達成。SPEEDMETER 2.0はもともとアップルが作成したプログラムで、現在はGoogleも利用するなど業界で広く受け入れられているとのこと。

 

 

メモリー使用量を抑えることで速度を落とさず利用可能に

 

また、マルチ処理アーキテクチャーを採用することでメモリーの使用量を低減。

 

社内での調査となるがMicrosoft EdgeやGoogle Chromeなどの他社のブラウザーと比較してメモリー使用量が少なく、サイトにもよるがFirefox Quantumのほうが処理が早いということが多かったという。

 

さらに、1691のタブを開いた状態での起動時間が、従来は8分近くかかっていたのが、Firefox Quantum15秒までに短縮できたとのこと。

 

これらは現時点での結果で、同社は今後6~12ヵ月かけて、より高速なブラウザーに仕上げていくことに注力するという。

Firefox Quantumでは新たに「fluid UI」と呼ばれる新しいユーザーインターフェースを採用。新しいタブを開くと、ユーザーに人気のあるサイトや履歴などが一気に表示されるようになっている。

 

これは、すごくシンプルで良さげですね。

また、気になる情報があるサイトを表示中に、右上の「ページアクションボタン」を押すことで、ブックマーク登録やページコピー、メール送信などさまざまなアクションが起こせる。

また「Pocket」と呼ばれるサービスを実装。お気に入りのウェブサイトや画像などを保存し、さまざまなデバイスで表示できるようにしている。

セキュリティー面では、トラッキング保護がより簡単に利用できるようになった。これまでは別にウィンドウを開く必要があったが、Firefox Quantumではノーマルモードでもトラッキング保護が利用可能となった。

ファイアーフォックスが2倍の速さになって登場_コンピューターとAndroidとiOS版のFirefoxも機能が向上する。