動産仲介業者,お部屋探し,メリット,デメリット,口コミ,評判,エイブル,総合不動産仲介業,首都圏,高級賃貸,無職,フリーター,借金

不動産仲介会社は色々な会社があり、その違いを判断するのは結構難しいです。

 

結局実際に物件を探してもらってみて、そのとき自分の希望する物件を見つけてくれる会社なのかどうかを初めて知るという方も多いと思います。

 

それぞれの業者は、何が得意で、何が得意でないのか?がホームページを見ただけでは分かりづらいからです。

自分が住みたい部屋はどんな部屋なのか?を明確化することも重要です。

そして、その希望を出来るだけ時間と手間をかけないで、見つけてくれることができる会社はどこなこかを知っていると、その後の大きな時短が可能になりますし、また希望の物件に出会える可能性も高くなります。

このコラムでは、不動産仲介業者「エイブル」についての口コミ、評判、仲介手数料、特徴などの情報をご紹介致しますので、ご参考にして頂ければと思います。


エイブルの概要

エイブルの概要は次になります。

設立:昭和54年7月
業務:賃貸仲介業、賃貸仲介関連業務、賃貸管理業務、フランチャイズ業務、コンサルティング業務
従業員数:3,293名
拠点数:直営店420店、ネットワーク店:370店、海外店:15店
物件エリア:

直営店とフランチャイズ店の両方を展開している、不動産大手で、マスコミでの広告露出度も高く、それに比例して知名度も高い不動産屋。

 

 

エイブルの良い点(メリット)

エイブルの良い点を挙げてみます。

(1)仲介手数料が0円~家賃の0.5ヶ月分とかなり安い
(2)取扱物件数が非常に多く、希望に合う部屋が見つかりやすい
(3)マスコミでの広告を出しており、高い知名度がある
(4)フリーターや無職の人でも銀行預金が一定額あると審査を通すことができるらしい

 

規模的には大きいので、やはり取扱い物件数の多さという意味で、多くの物件から選べるのは魅力であり、拠点もほぼ全国展開なので、何処にでもある。





エイブルの悪い点(デメリット)

エイブルの悪い点を挙げてみます。

(1)クリーニングや修繕が不十分な物件が多い
(2)店に行くと、とにかく契約を迫られる
(3)入居後のアフターサービス品質は低い

手数料が安いのと、知名度の高さに反比例して、個々の接客対応が良いとは言えないようである。

 

 

エイブルに合う人

エイブルに合う人の特徴を次にあげます。

(1)初期費用を安くしたい人
(2)家賃交渉をして、安くしたい人
(3)多くの物件を見てから決めたい人

とにかく、手数料を安くしたい人はエイブルがいいでしょう。

 

 

エイブルに合わない人

エイブルに合わない人の特徴を次にあげます。

(1)値段よりもサポートを重視する人
(2)親身に相談に乗って欲しい人

手数料よりも、接客対応と先々のサポートを重要視する人には向きません。

エイブルの口コミ

エイブルの口コミ情報を拾ってみました。

やはり、入居後のアフターサービスに関する悪い口コミが散見されますが、入居前の接客対応は親切だという口コミも多いです。

エイブルは直営店とフランチャイズ店の両方があり、フランチャイズ店は教育が行き届いていなくて、接客対応が悪い店鋪があるのかもしれません。

 

 

エイブルの評価

エイブルを勝手に評価してみました。

エイブルの評価
★★★☆☆(63点/100点)
物件数 ★★★★☆
スタッフの態度 ★★★☆☆
キャンペーン・サービス ☆☆☆☆☆

 

 

まとめ

エイブルを特色、メリット、デメリットなどについて次にまとめます。

(1)仲介手数料が安い(0~0.5ヶ月分)
(2)取扱案件数が多く、沢山の物件から選べる
(3)アフターサポート品質は低い
(4)接客の品質は人によるが、早く決めるよう迫れる

エイブルはあまり良い口コミを見かけません。

手数料が安いというのは確かに魅力ではありますが、入居前の対応、入居後の対応のどちらも評判が悪いようです。