賃貸物件を探す際に、どうやって探すのが一番自分の希望に合った物件に効率的に、お金も掛けずにたどり着けるのか?という質問に応えられる人はあまりいないんじゃないかと思います。

それは、実際に物件探しを依頼して利用してみて初めて気が付くことが多いからでしょう。

それと、不動産業者の口コミ情報を見ると、悪いことばかり書かれています。

それは、顧客の利益に貢献すればするほど手間がかかるので、手間を最大限省き顧客の利益に反する動きを取ろうとするので、生まれ得る現象です。

 

手間を掛けずに、沢山の契約を取り付けるのが不動産仲介業者の基本姿勢です。

顧客の希望を最大限無視して、入居者がなかなか見つからない物件に入らせることが、会社としての利益になるのです。

 

ietty(イエッティ)のような不動産情報まとめサイトは、これらの問題をある程度解消してくれます。

 

このコラムでは不動産物件情報サイト「ietty(イエッティ)」の口コミ、評判、良い点、悪い点、仲介手数料などの情報についてご紹介致します。


ietty(イエッティ)の概要

ietty(イエッティ)の概要は次になります。

設立:2012年2月2日
特徴:チャットを使って、希望の物件を探してくれるサービス
資本金:7億6,952万円
物件エリア:日本全国

イエッティは、普通の不動産屋とは一線を画するインターネットのサイト上で接客をして、賃貸物件を紹介するサービスです。

店鋪に行くことなく、チャットを使って希望の物件を探してくれるというサービスになります。

ライバルに「イエプラ」というサイトがありますが、そのコラムは次を参照下さい。

 

 

ietty(イエッティ)の良い点(メリット)

ietty(イエッティ)の良い点を挙げてみます。

(1)チャットの営業時間は10:00~23:00で、昼間時間が取れない人に便利。
(2)利用料は無料で。
(3)チャットはパソコンとスマホアプリの両方に対応。
スマホアプリはそこそこ使いやすい。
(4)内見は店舗に行かなくても現地集合してできるので効率的。
(5)大手の情報サイトで見つけた物件の空き状況が確認できる。(6)チャットに既読機能が付いておりスタッフこちらの投稿を見たかどうかが分かる。
(7)たまに仲介手数料半額のキャンペーンが行われる。

大手情報サイトで有名なのが、SUUMOとHOME'Sですが、そこで検索した物件の空き状況をチャットで確認してもらえます。
レインズという同じデータベースを使っているので、できるのです。

しかし、チャットサービスでライバルの「イエプラ」「ノマド」も同じデータベースを使っているので、イエッティだけができるわけではありません。

 

 

ietty(イエッティ)の悪い点(デメリット)

ietty(イエッティ)の悪い点を挙げてみます。

(1)物件のエリアは東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・京都・兵庫の全国7都道府県のみ。
(2)仲介手数料は家賃の1ヶ月分取られる。
(3)店鋪は恵比寿駅近くに1店鋪あるのみで営業時間は10:00~20:00。
(4)チャットのやり取りで、見当違いな回答がくることがある。
(5)他社で未公開の物件は紹介してくれない。
ietty(イエッティ)は独自の物件の取扱はなく、紹介できるのは他社で公開してる物件のみ。
(6)家賃6万円以上の物件しか紹介してくれない(関西は5万円以上)
(7)イエプラと比較すると反応は遅い。
(8)希望駅の選択は5つまでしか選べない。




ietty(イエッティ)に合う人

ietty(イエッティ)に合う人の特徴を次に挙げます。

(1)不動産屋に出向く時間がない人
(2)昼間時間が取れない人
(3)営業担当者と面談するのが苦手な人
(4)地方から、該当エリアに引っ越しする予定で、現地まで脚を運べない人

 

 

ietty(イエッティ)に合わない人

ietty(イエッティ)に合わない人の特徴を次に挙げます。

(1)人と会話しながら話しを進めたい人。
(2)家賃6万円以下の物件を探している人。
(3)チャットが苦手な人。

ietty(イエッティ)の口コミ

ietty(イエッティ)の口コミ情報を拾ってみました。

不誠実だとか、対応が遅いというものと、対応も良いしアフターお良いという口コミもあります。

 

口コミではかなり評判が良いのではないかと思います。

 

 

ietty(イエッティ)の登録方法

ietty(イエッティ)の登録方法を画面にそってお伝えします。

たいだい3分もあれば済んでしまいます。

メールアドレスとパスワードを入力して「メールアドレスで始める」をクリックする。

 

氏名、住所'市区町村まで)メールアドレス「利用規約」にチェックして、チャットをはじめるをクリック。

今すぐ駅を選択するをクリック

エリアが表示されるので、住みたい地域を選択する。

関東、関西しかありません。
※2018年2月時点の情報

エリアを県単位で選択する。

住みたい沿線を選択する。

住みたい駅を選択する。
5駅まで選べる。

↓の画面がでるので、引っ越し理由を記入する。

 

ここから具体的な希望を入力していくと、しばらくしてから、該当物件を表示してれます。

 

ietty(イエッティ)の評価

ietty(イエッティ)を勝手に評価してみました。

ietty(イエッティ)の評価
★★★☆☆(80点/100点)
取扱物件数 ★★★★☆
スタッフの接客 ★★★☆☆
期間限定特典・サービス ☆☆☆☆☆

 

 

 

まとめ

ietty(イエッティ)を特色、メリット、デメリットなどについて次にまとめます。

(1)チャットの営業時間は10:00~23:00で、昼間時間が取れない人に便利。
(2)利用料は無料で。
(3)チャットはパソコンとスマホアプリの両方に対応。
スマホアプリはそこそこ使いやすい。
(4)内見は店舗に行かなくても現地集合してできるので効率的。
(5)大手の情報サイトで見つけた物件の空き状況が確認できる。
(6)チャットに既読機能が付いておりスタッフこちらの投稿を見たかどうかが分かる。
(7)たまに仲介手数料半額のキャンペーンが行われる。

(8)物件のエリアは東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・京都・兵庫の全国7都道府県のみ。
(9)仲介手数料は家賃の1ヶ月分取られる。
(3)店鋪は恵比寿駅近くに1店鋪あるのみで営業時間は10:00~20:00。
(10)チャットのやり取りで、見当違いな回答がくることがある。
(11)他社で未公開の物件は紹介してくれない。
ietty(イエッティ)は独自の物件の取扱はなく、紹介できるのは他社で公開してる物件のみ。
(12)家賃6万円以上の物件しか紹介してくれない(関西は5万円以上)
(13)イエプラと比較すると反応は遅い。
(14)希望駅の選択は5つまでしか選べない。

 

ietty(イエッティ)は実際に使ってみた感想を書いてみます。

・自分でなにもしなくても、物件をチョイスしてくれるのは楽
・自分で検索して探せないのは、なんとなくもどかしい
・売り込みがそれほどなく気楽に使える
・チャットでのやり取りは、希望条件をきっちりとまとめておかないと迷走してしまう

個人的には、引っ越し日までに余裕がある場合は、このサービスを使って、物件を探してもらって、気に入ったものがなかったら、期間を置いてまたきいて見るというよな進め方がよいと思いました。