秋に開催される、「ふじさわ江ノ島花火大会」は相当の規模で行われ、動員数も多いため、何処で見るかが楽しめるポイントになります。

なんとなく行くと、大混雑で花火を楽しむどころではなかった、という結果になります。
 
このコラムでは、「ふじさわ江ノ島花火大会」穴場スポットをご紹介致します。

なにげに、人が少ないスポットは何箇所かありますので、そこでゆったりと花火を楽しんで頂ければと思います。


「江ノ島花火大会」良いスポットを外すと、花火が楽しめない。

もうすぐ「ふじさわ江ノ島花火大会」ですね。

 

秋のしっとりとした季節に、花火大会なんてなんとも風情があって、私は大好きです。

 

そして、花火といえばやはり大勢の人で賑わうので、その見るポジションを確保しないとせっかくきたのに、殆ど見ることが出来なかったり、見えたけど人垣が邪魔で肝心なところを見逃したりということが起きかねません。

 

そのためにも、できるだけ見やすくて空いている場所を知っておく必要があります。

 

このコラムでは、その隠れた「江ノ島花火大会」のスポット情報を紹介致します。

 

 

このコラムの目次

★江ノ島花火大会の概要

★江ノ島花火大会の人気スポット11選

★江ノ島花火大会有料観覧指定席

★屋台はあるの?

★まとめ

江ノ島花火大会の概要

なんと、関東地区の花火大会での人気ランキングでは3位!

※東京ウォーカー調べ

 

毎年、神奈川県藤沢市湘南海岸で開催される。

例年では人出8万5千人、総打上数3000発。

湘南のシンボルである江ノ島を背景にした、とても贅沢な景観の中で鑑賞することができ、空中で約480mまで開く2尺玉は必見。

 

そのほかスターマインドなどが、秋の夜空を鮮やかに彩ってくれる。

 

打ち上げ数 3000発
前年の人出 8万5000人
開催日時 2018年10月20日(土) 18:00~18:45
荒天の場合 荒天時は2017年10月22日(日)に延期
打ち上げ場所 打ち上げ場所を地図で見る 
交通 小田急片瀬江ノ島駅から徒歩2分、江ノ島電鉄江ノ島駅から徒歩5分、湘南モノレール湘南江の島駅から徒歩7分、東名厚木ICから車で50分
駐車場 ○ 1636台400円/60分~
問い合わせ先 0466-22-4141 公益社団法人藤沢市観光協会(藤沢市観光センター)
HP 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
有料席 パイプイス席:1名2500円(境川河口左岸、2500席)

 

【地図】

 

 

江ノ島花火大会の人気スポット11選

①片瀬漁港付近

この近辺には芝生があり、そこにレジャーシートを敷いて観賞しましょう。
なお、このスポットをとるには最低でも午前中には来て、場所を取らないといけません。
しかし、取れたら有料鑑賞席と変わらないレベルの贅沢なポジションになります。

無料のスポットとしてはNo1の場所です。

 

 

②新江ノ島水族館周辺

新江ノ島水族館周辺は、大変贅沢な場所になります。

花火との距離が近く、その彩りの壮観さを最高に楽しむことができます。

但し、ここもレジャーシートを置くには相当早く来る必要があります。

 

 

③片瀬海岸西浜

片瀬海岸西浜は、若干①②と比べると距離ができますが、それでも相当近い場所ですし、人によってはこの距離の方が好きな人もいると思います。

豪華絢爛な花火の迫力を十分に体験できる人気スポットです。

砂浜ならレジャーシートを敷いてもいいですい、石段もあるので、そこに座ることもできます。

なお、花火の打ち上げ地点から離れれば、花火大会直後でも普通に座る場所を確保することができます。

早く来て場所を抑えることが出来ない方は、ここがベストポジションになると思います。

 

 

④湘南海岸公園

湘南海岸公園も人気スポットの一つです。

ここでも十分に花火の色鮮やかさと、迫力を楽しむことができますし、芝生が広くゆったりと観賞することが出来ます。

 

 

⑤片瀬海岸東浜

①~④の西側と比べて、東側はわりと空いていて、混雑が苦手な方はコチラ側おすすめです。

欠点は江ノ島大橋、江ノ島弁天橋がじゃまになってしまうことがあります。

 

 

⑥腰越漁港周辺

片瀬海岸東浜と比べると、遠くはなりますが、ここでも十分に迫力のある花火を体験できます。

ある程度人は集まりますが、大混雑にはなりません。





⑦湘南港北緑地公園(旧オリンピック記念公園)

 

こんどは、江ノ島川の場所です。

片瀬海岸東浜よりは、花火打ち上げ地点からは少し近いポジションになります。

ここはスペースが広いので18時ギリギリに来ても場所があったりします。

 

 

⑧聖天島公園

江の島の真ん中辺にある小さな公園です。

花火大会当日はそれほど人が集まってこないので、ゆったりと観賞したいかたはここが良いです。

 

 

⑨西浦海岸(漁港)

「岩本楼」という旅館と「はるみ食堂」の間の小道を100m程歩いていくと、地元の人しか知らない西浦海岸というプライベートビーチがあります。

↓「岩本楼」と「はるみ食堂」の間の小道

ここは、①②に匹敵するほどの穴場ポジションです。

周りには近所にすんでいるような人ばかりだと思います。

あまり広まってほしくない場所です。

 

 

⑩江の島展望灯台

江の島展望灯台(シーキャンドル)も花火をみるには良い場所です。

高いところから、見るので下から見るのとは違う味わいがあります。

しかし、花火大会当日は抽選制になる可能性があります。

 

 

⑪湘南モールフィル屋上駐車場

花火大会当日の時間になると、湘南モールフィルの屋上駐車場が花火観賞のために開放されます。なんと優しい配慮でしょうか。

距離はかなりあるので迫力はありませんが、買い物ついてにちょっと見て帰るというノリなら、とても良いチョイスだと思います。

 

 

 

江ノ島花火大会有料観覧指定席

 

お金を払っても良い方は、有料観覧指定席を購入するというのも選択肢の一つですね。

 

場所
定員
販売価格
販売席数
境川河口左岸(東側) パイプイス席(1人)
2,500円
2,500席

 

有料席チケットは9月1日(金)より次の窓口で販売開始(売切れ次第終了)。

 

詳細→ふじさわ江の島花火大会公式ホームページ

購入先は

<窓口販売>
藤沢市観光センター
藤沢市役所観光シティプロモーション課(湘南NDビル6階)

<全国のプレイガイド・コンビニ>
チケットぴあ
ローソンチケット

 

屋台・露店は出るの?

花火を見ながら、B級グルメを頬張るのは、いつもと違う味がするものです。

 

きっと、それほど美味しくない(笑)屋台の焼きそばが、何故か外で花火を見ながら食べると美味しく感じてしまうことは誰でもあるでしょう。

 

例年では江ノ島花火大会では、たくさんの屋台・露店で大賑わいしますので、今年もたくさんのお店が並ぶでしょう。

 

たこ焼き、やきそば、フランクフルト、ビール、ラムネなどはきっとたくさん並ぶでしょう。

 

是非、ご当地グルメを堪能してくださいね。