みなとみらい地区にある野毛山動物園は、意外にデートスポットに使えます。

来場者は親子連れもカップルも混在してる感じで、園内で2~3時間過ごしたら、近隣には沢山遊ぶところがあるので、行くところにはこと欠きません。

1日のデートプランに、野毛山動物園を組み入れるのはとてもおすすめです。

 


野毛山動物園の概要、料金は


まず野毛山動物園の概要のご紹介です。
野毛山動物園へのアクセス方法、駐車場などの情報は次のコラムをご参照下さい。

立地はみなとみらい21地区を眼下に見下ろす高台にあり見晴らしはとても良く、野毛山公園の中にあり公園全体の面積は9.1ヘクタールにも及びます。

そのうち動物園の面積は3.3ヘクタールです。

周辺の施設には横浜市中央図書館などがあり、野毛山公園はちょっとしたお散歩コースになっています。

野毛山動物園は、昭和26年(1951年)4月に「野毛山遊園地」という名称で開園。

横浜の中心にあるので、行ってみるとこんな都会に動物園があるの?という不思議な感覚を憶えます。

来園者は年間100万人以上にも登る、人気スポットになっています。

野毛山動物園はあまり話題になりませんが、実は人気があります。

動物の種類は約100種を数え、清掃が行き届いており、とても清潔な環境で動物たちが飼育されています。

「なかよし広場」では、モルモット、マウスなどの小動物とのふれあいを体験するメニューもあり、見るだけではない楽しみも提供してくれます。

雨天時に使用できる無料休憩所が平成27年(2015年)4月26日にオープンしたため、雨天時も回避場所が確保されているというのは、助かります。

【野毛山動物園概要】

項目 内容
開演時間 9:30~16:30(入園は16:00まで)
休園日 毎週月曜日(祝日にあたる場合は翌日)、12月29日~1月1日
※5、10月は無休
※臨時開演あり
料金 無料
動物の種類数 約100種1,500点(2015年12月31日現在)
住所 〒220-0032  神奈川県横浜市西区老松町63-10
電話番号 045-231-1307
バリアフリー設備 車椅子対応トイレ
駐車場 なし(障害者用駐車場3台のみ)
管理者 横浜市
面積 3.3ヘクタール、公園全体は9.6ヘクタール
交通アクセス 日の出町駅から徒歩で10分、桜木町から徒歩で15分

 

野毛山動物園の園内マップ

野毛山動物園の園内マップは次になります。

 

野毛山動物園をデートに使う方法


野毛山動物園でデートするとしたらの例を書きます。

1.待ち合わせは?

桜木町駅の改札で待ち合わせ。
桜木町から徒歩で15分程度です。

野毛山公園を少し散歩しても良いでしょう。

2.待ち合わせ場所に来たら

バスもあるけど、どっちが良い?と一応聞きましょう!
歩きで15分かかるのと途中結構急な坂を登るので、バスという選択肢もあります。

3.右手にコロッケ屋「ハクライ屋」

桜木町駅から少し歩くと、右手にコロッケ屋があり、いい匂いがします。

揚げたてを出してくれるので、そそられたら、二人で歩きながら食べましょう。

4.野毛山動物園に到着

野毛山動物園は大体1時間ほどで回れてしまいます。

雰囲気としては、家族的な感じでとても居心地がよいのです。

屋外放飼場にレッサーパンダがいたら、二人で和みましょう。

5.ふれあいの広場

次はふれあいの広場。

モルモット、ハツカネズミ、ひよこ、にわとりを抱っこすることができます。

二人で抱っこしながら、和みましょう。

モルモットはカワイイのですが、「モルモット」という名称からくるイメージは「実験体」であり、ちょっとカワイイそうな気持ちが湧くのは私だけでしょうか、、、

6.ミナミコアリクイ

横浜では野毛山動物園でしか見られない「ミナミコアリクイ」を見よう。
アライグマとコアラを足して2で割って、顔を細くしたような、その姿はカワイイというか、滑稽とういうか、独特の雰囲気を持っています。

7.野毛山動物園内でランチを食べる?

野毛山動物園内は、ベンチが豊富にあり疲れた時にはすぐに休むことができる。

そして、休憩所もあるので、売店で弁当を買って食べることもできます。

しかし、デートなので動物園のお弁当で済ませるかどうかは迷うところ、、、、

ちなみにお酒も売っていて、ビールは500円、ワインは350円。

昼間から飲んじゃうのもありかな、、、、

8.なかよしショップ

園内には、なかよしショップというグッズなどを売っているところがあります。

そこのソフトクリームはなかなかイケます。

名物の「のげやまソフト」は全部で3種類(バニラ、パンプキン、ミックス)あります。

乳製品製造会社により特別に配合したオリジナルソフトなのだそうで、濃厚な風味を堪能できます。

また、動物グッズも売っているので、欲しいものがあったら買いましょう。





周辺のグルメは10選?

野毛山動物園を出てちょうどランチの時間か、夕食の時間になったらおすすめのグルメは次です。

◆ワインビストロナチュール

場所:桜木町

大岡川沿いにあるしっとりとした雰囲気がいい感じのお店、ビストロで気軽にワインが楽しめる。

いつも混んでいるので、予約した方がいい。
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14032058/

◆ワールドワインダイニング グランキャトル

場所:桜木町

野毛山動物園から桜木町駅にいく途中にあり、世界のワインと料理をカジュアルに楽しめる店。
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14064461/

◆Pizza Cozou ピザコゾウ

場所:伊勢佐木長者町

関内駅から徒歩3分で、野毛山動物園から徒歩16分ほど。生地が選べる石窯ピザは絶品で、
125種の飲み放題もある。

店内はお落ち着いた雰囲気でデートにはよい。
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14059091/

◆ビストロノミー "ラトリエ1959" ヨコハマ

場所:関内

横浜名物プライム格付Tボーンは540gの大迫力でシェフに切り分けてくれる。
焼き加減が絶妙で外はカリッと中は肉汁たっぷりのレアで味のグラデーションを楽しめる。
これを目的に来るお客さんも多い。

ワインも美味しい。
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14054755/

◆炭火焼イタリアン&ワイン オイノス野毛

場所:桜木町

炭火で豪快に焼く肉料理はシンプルな味付けで味わいが豊か。
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14058885/

◆里葉亭

場所:日ノ出町駅
焼き鳥はボリュームがありジューシーで美味しい高級焼き鳥店
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14001650/

◆センターグリル

場所:桜木町駅

人気メニューはナポリタンで、昭和な雰囲気たっぷりのレトロな老舗洋食店。
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14000440/

◆宮川橋 もつ肉店

場所:日ノ出町駅

いつも満員大賑わいの立ち飲みのホルモン屋。
この手のお店がOKな相手なら、味は間違いないのでおすすめ。
コスパは最高レベル。
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14042505/

◆野毛ビストロZIP

場所:桜木町駅

鮮度や質にこだわったお肉を使用している、肉料理メインのビストロ。

野毛なのに女子率高めで、料理も美味しくて内装もおしゃれ。
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14049407/

◆アンテナアメリカ

場所:伊勢佐木長者町駅

海外クラフトビールを輸入する会社の直営ビアバー。
フランクな感じにいくなら、ここがおすすめ。
アメリカのクラフトビアが好きな人には良いお店。
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14049720/

 

近隣のデートスポット

野毛山動物園の近隣のデートスポットは次になります。

◆みなとみらい21

どのポジションでも素敵な景色で一杯で飲食店も沢山あるのでカップルデートには最適でしょう。

◆横浜ランドマークタワー

地上70階、高さ296mの日本一の超高層ビルからは晴れていれば富士山は見られるし、みなとみらい、東京方面、赤レンガ倉庫が一望できて素敵としか言いようがありません。

◆横浜・八景島シーパラダイス

野毛山動物園からは1時間弱の距離にあるテーマパーク。
イワシのショーで、大群で泳ぐ姿はライトアップされて圧巻の。

夜にくると、雰囲気はいいです。

◆山下公園

山下公園は、ベイブリッジや港を行き交う船の眺めがロマンチックな公園。

◆横浜中華街

中華レストランはもとより、中国の食材、お土産などが買える雑貨店、占いなどが約0.2平方キロのエリア内に500軒以上の店が軒を連ねる世界最大級の中華街。

取り敢えず中華を食べたら、ぶらぶら散策も楽しいのが中華街。

肉まんを買って、二人で歩きながら食べるのも楽しい。

◆横浜港大さん橋国際客船ターミナル

昼間も景色は良いですが、夜に乗るのがおすすめ。
デッキから見える夜景が素晴らしく、近くを通った水上バスのイルミネーションも綺麗で楽しめます。
クリスマスの前になると、大きなツリーが飾られるのでムードが盛り上がります。

◆横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

ここは、半分冗談で行きましょう。
体験型のアトラクションがあり、意外に大人も楽しめる。

◆シーバス

1時間ほどのクルーズは、綺麗なイルミネーションを堪能できます。
外の風を感じることのできるところと、冷暖房の効いている部屋の席の両方があり、1年通して快適に乗れます。

◆横浜赤レンガ倉庫[1号館及び2号館]

レンガづくりでおしゃれ。
お店も洒落ところが並んでいます。
何かしらイベント開催しており、それも楽しめます。

 

まとめ


野毛山動物園はとてもいいスポットですね。

しかし、ここ単体では時間が余るので、ここから別のスポットへ行ったり、時間が遅ければ夕食に行くというのが良いでしょう。

朝スタートなら、野毛山動物園→ランチ→いなとみらい→夕食
午後スタートなら、野毛山動物園→いなとみらい→夕食

という流れになるでしょう。

横浜は奥が深すぎて、いくらでも選択肢があります。