神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件で、1人に対する死体遺棄容疑で逮捕された、白石隆浩容疑者「殺害した9人のうちにカップルもいた」と供述していることが1日、捜査関係者への取材で判明した。

 

9人の性別は男性1人、女性8人とみられる。

 

白石容疑者は「最初は遺体の損壊に3日かかったが、2人目からは1日で出来るようになった」と供述しているそうです。

 

つまり、死体の損壊に熟達したことによって、その手さばきが早くなったということなのでしょう。

 

恐ろしいことを供述しています。

 

アパートに引っ越してきた8月22日から、わずか2ヶ月の間に9人もの罪もない人を殺害したとも供述しています。

 

部屋にはクーラーボックスが計8個あり、内7個は頭部や腕・脚とみられる骨が発見された。

 

尚、このアパートは、事故物件サイト「大島てる」に掲載の物件らしく、ツイッターでは隣室に住む人が、「即急に引っ越し手配中」と投稿している。





 

 

隣人の方はとんだ迷惑でしょう。

 

ネット上で、次々と情報がアップデートされていますが、その住所が特定されてしまいましたね。

 

 

アパート情報を調べると、今から約3年前に1階部分で「心理的瑕疵あり」と報告されていますね。

 

物件における「心理的瑕疵」とは、過去にその場所で事件や事故による死亡があったという意味です。

 

つまり、座間市緑ヶ丘6丁目のアパート「S」は、少なくとも3年以上前からすでに事故物件だったということでしょう。

 

この事故物件で更なる、サイコパス事件が起こったということになります。

 

しかし、近隣の方は非常に迷惑でしょう。

 

「大島てる」のこのアパートの物件には下記の書き込みが10月29日付けでされています。

 

fire 平成29年10月29日
神奈川県座間市緑ケ丘六丁目16-15シーバスハイム2階
自殺サイト絡みの複数の遺体発見シーバスハイム2階にて事件公になる前から隣の部屋に居住中妙な異臭が隣の部屋から漂う気配を感じましたところ、しばらくして外部の動きを感じた処警察関係者多く来ておりテレビ報道を見て大変驚いています。即急に引っ越しの手配を進めており皆様もくれぐれもこのような物件には立ち入る事のないように願います

 

引き続き、この事件の情報を追いかけていたいと想います。