初代たまごっちが大ブレイクした1997年当時は、品薄状態が続き高値で取引されており、女子高生が売春してまで購入したという事件まで起きました。

 

 

その後は何度かプレミアがつき相場が上がった時期もありますが、2017年12月現在の今は相当熱が静まった感があり、それほどの値段は付いていません。

 

 

このコラムでは、初代たまごっちの価格動向についての情報をご紹介致します。

 

初代たまごっち関連記事は次になりますので、興味のある記事がありましたらご参照下さい。
⇒初代たまごっちの攻略方法!これで昔を思い出そう!
⇒たまごっち初代の通販価格、販売状況は?
⇒初代たまごっちが死亡する条件は?長生させる方法は?
⇒たまごっち初代の遊び方育て方、基本的な操作方法を思い出そう!
⇒初代たまごっちの電池交換方法は?リセット、時計合わせの方法は?
⇒初代たまごっちの買取価格はいくらか?その相場は?
⇒初代たまごっちの復刻版が登場「祝20しゅーねん!またごっち」
⇒たまごっち初代の偽物、模倣品、類似品大全!パチもんを一挙に紹介!
⇒たまごっちの値段一覧!初代~みくすまで歴代のたまごっちたち!
⇒たまごっち初代のキャラクター一覧!思い出のキャラたち!


初代たまごっち復刻版

2017年11月23日に、20周年を記念して「祝 20 しゅーねん! たまごっち」が出ました。

 

 

祝 20 しゅーねん! たまごっち

 

価格:2916円(税込)

 

 

携帯型育成ゲームの初代「たまごっち」の復刻版「祝 20 しゅーねん! たまごっち」は全6色で価格は各2916円(税込)。

 

全世界でシリーズ累計4000万個を販売した初代モデルのデザインや機能を復刻する形での発売。

 

初代たまごっちのパッケージや本体サイズ・デザインを完全復刻しています。

 

(1)ごはん・おやつをあげる

(2)トイレの世話

(3)病気の治療

(4)電気を消す

(5)ミニゲーム

(6)しつけ

 

これらの機能を再現しています。

 

「まめっち」「くちぱっち」「ますくっち」「おやじっち」などのキャラクター全7種を育てられるのも同じ。

 

 

実売価格は次になります。

とくに値段が高騰しているということはなく、普通の価格で売られています。

 

実売価格

・たまごっち 祝20しゅーねん!たまごっち

2,740円~3,400円

 

 

祝20しゅーねん! 新種発見!!たまごっち

 

97年に発売した「新種発見!!たまごっち」の復刻版も同時発売。

「みみっち」「ポチっち」「せきとりっち」など全7種を育てられるのも同じ。

 

価格は2916円(税込)

 

 

実売価格は次になります。
とくに値段が高騰しているということはなく、普通の価格で売られています。

 

実売価格

・たまごっち 祝20しゅーねん! 新種発見!!たまごっち

2,300円~3,400円(税込)





初代たまごっちの相場は?

オークションでの相場を見ると、中古品 300円~、新品未使用品 3,000円~ほどの値段で取引されています。

 

一頃と比較すると、値段が下がりました。

 

 

時期によっては、10,000円していた時がありました。

 

 

 

初代たまごっちと、新発見のたまごっち新品未使用品がセットで4,000円で落札されています。

 

 

 

初代たまごっち白、新品未使用品が3,500円で落札されています。

 

高値で取引されたタイミングはもう過ぎています。

 

しかし、また新機種が出て人気を盛り返すとそのときは一時的に相場が上がると思います。

 

 

 

スマホでもできる

たまごっちはゲームをするだけならスマホアプリがありますし、画面がでかいので元祖たまごっちよりも全然操作しやすい上に全然安いです。

 

android 350円
iOS 480円

 

バックの飾りにつける等の需要もあるようなので、そういう人が買うんでしょうかね。

 

第3期のたまごっちはより高度になっていて楽しみ方も多様になっていますが、それよりも超原始的なゲームのレトロ感を楽しみたのでしょう。

 

 

 

まとめ

たまごっちは1996年11月23日に発売された初代たまごっち以降多くの機種を発売し、2016年にはたまごっちミクスを発売しました。

 

2017年9月時点での累計販売個数は8,200万個を超えたそうです。

 

 

いつのまにそんなに売れてたんでしょうか。

 

 

1997年の爆発的なヒットのような形ではなく、地道に一定のファンを獲得しながら細く長く売っていくという方針なのでしょう。

 

 

ちなみに1997年に大ブームになったたまごっちは、1998年には一気にそのブームが沈静化しました。

 

そのときバンダイは生産を縮小しなかったため、在庫が大量に残り、45億円もの赤字を出したそうです。

 

あれだけ売れて、ものがなく手に入らなかったものが、翌年には不良在庫になり、事業としては赤字に終わったというのはとても以外な気がします。