イエプラ,ノマド,イエッティ,ietty,オンラインサービス,オンライン賃貸情報サーシブ,賃貸情報,賃貸不動産,お部屋探し,不動産情報サイト,スーモ,SUUMO,HOME'S,ホームズ,チャト不動産

イエプラietty(イエッティ)ノマドなどの、チャットを使ったお部屋探しサービスは、最近メディアでも取り上げられ、新しいお部屋探しの手段として一定の注目を集めています。

これらのサービスはその特性を理解すると、よりうまく使いこなすことが出来ます。

登録して、チャットでのやり取りをしながら、このサービスは意味あるのだろうか?と疑問に思いながら使ってみたけどいまいち積極的に利用しないまま別の不動産情報サイトの物件に決めたという方もいるでしょう。

このコラムではこれらのチャットサービスの有効な使い方をお伝え致します。


お部屋探しサービス(チャットサービス)とはなにか?

まずこれらのお部屋探しサービス(チャットサービス)とは一体どんなものなのか?についてお伝え致します。

もうご存じの方はここは飛ばして下さい。
殆ど賃貸不動産情報を掲載しているサイトでは、自分でそこに掲載されている物件を、条件を入力して検索して、気になる物件を見つけた段階で、空き状況の問い合わせをして内見→契約と進めていきます。

お部屋探しサービスの場合は自分で物件を検索することはなく、サイトにもそのような画面も情報もありません。

会員登録をする際に、お部屋の希望条件を入力すると、その条件の物件がいくつかチャットで自動的に提案されます。

そして、チャットでさらに詳しい希望条件を伝えると、それに合ったお部屋を探しチャットで提案をくれます。

その中で気に入ったお部屋があったら、内見の申込みをして現地に向かいます。

このような流れでお部屋探しを進めます。

主なメリットは次の2つです。

大量に登録されている物件情報データベースの情報を不動産屋へ訪問して会話していかのように瞬時に入手できるということ。

この情報入手は移動中でもスマホを使って瞬時に受け取って瞬時に内見を申し込むなどのアクションを取れること。

これらのサイトの詳細については、次のコラムで書いておりますので、ご参照下さい。

→イエプラのメリット・デメリット!口コミ評判・評価・感想、仲介手数料は?
→ietty(イエッティ)のメリット・デメリット!口コミ評判・評価・感想、仲介手数料は?
→ノマドのメリット・デメリット!口コミ評判・評価・感想、仲介手数料は?





不動産情報サイトの欠点


お部屋を探すのに有名なところではスーモホームズなどがあります。

これらのサイトには膨大な量の物件が掲載されています。

良いお部屋探し業者の条件は次の2つです。
①自分が希望している物件を効率的に見つけることができる
②キャッシュバック、仲介手数料・敷金礼金の割引などの得がある

これらのサイトは、掲載物件数の多さから①を満たしていますし、多くお部屋のなかから、仲介手数料、敷金礼金割引に対応している物件を探すこともできるので②も満たしてくれる可能性も高いと言えます。

これらのサイトで自ら検索して、これから住むお部屋の情報を見るという作業が好きな方もいるでしょう。

私キアラもそうです。

検索して、お部屋の写真、その物件の周りの施設、などをgooglemapで見たりしているのは、結構楽しい作業です。

しかし、これらの不動産情報サイトは、そのまま使うと非常に大きな欠点があります。

 

 

不動産情報サイトの欠点はレスポンスが遅い!

不動産情報サイトで気に入ったお部屋が見つかると、そこから問い合わせフォームに個人情報を入力して空き状況などを問い合わせます。

ここで面倒なのは、複数のお部屋問い合わせをするには、いちいち一件ごとに入力する必要があり、物件によって担当する不動産屋が違うので、回答がくるタイミングはバラバラで、不動産屋によっては非常に遅いこともしばしばですし、翌日だったり、翌々日だったりとまちまちです。

複数の問い合せをしてしまうと、回答が来ない物件などは忘れてしまったりして、複数の不動産屋から返答が来て、どの物件がどの不動産屋なのかがの紐付けをしないと管理がとても煩雑になり面倒です。

 

 

不動産情報サイトの欠点はオトリ物件によって時間を奪われる

もう一つの欠点は、オトリ物件です。

不動産情報サイトに掲載されている物件は沢山の不動産屋の情報を掲載しているので、気に入った物件の問い合わせをすると、それが管理している不動産屋へと送られます。

空きがあるとの回答が来たので、内見の要望を出しいざ不動産屋へ足を運ぶと「ついさっき、他の方が契約してしまって埋まっちゃいました」など言われます。

そして、その場で違うお部屋をすすめられるというケースが頻繁に起きます。

これは、問い合わせを受けた不動産屋は、とにかく店までこさせておいて、そこで違う物件を進めて契約を取り付けるという方法をやっているからです。

次の流れで営業しているのです。

既契約物件(オトリ物件)を掲載

問い合わせへ誘導

来店誘導

別の物件を営業

これがあると、不動産屋まで時間と交通費を掛けて行って、希望していない物件をすすめられるという一番イヤな事態になります。

これは不動産屋による時間泥棒です。

お部屋探しサービスの使い方

お部屋探しサービスの特徴の一つに、「回答が非常に迅速である」という点があります。

希望条件をチャットで入力すると、イエプラなどは1分程度で該当するお部屋をいつくか提案してれます。

この特徴を使って、不動産情報サイトで検索して気に入った物件のURLをお部屋探しサービスへ連絡すると空き状況を迅速に回答をくれます。

これによって、オトリ物件に時間を奪われることを避けることが出来ます。

 

値引き交渉は苦手!?

不動産屋の担当者に面と向かって、家賃を下げて下さいと交渉できる人は良いですが、「値引き交渉は苦手」という方も多いと思います。

そういう方には、お部屋探しサービスはチャットでのやり取りなので、「この物件気に入ったのですが、家賃を5千円下げてほしいのですが、交渉をおねがいします!」と入力することのハードルは低いです。

賃貸物件は家賃交渉が可能なものが沢山あると言われていますが、交渉をしない人が殆どなのが実態のようです。

 

 

不動産屋は希望を無視する

不動産屋の営業担当は「希望のお部屋探し」には殆どの場合役に立ちません。

それはなぜかというと、顧客の希望をできるだけ無視して、今直ぐに入居できる物件で契約させたいからです。

顧客の希望を聞きそれに合った物件を探せば探すほと、時間のロスになるので、そんなことはしないのです。

内見の申込みを一度してしまうと、電話番号、メールアドレス知られてしまうので、それ以降は電話&メールでしつこく営業される可能性は高いです。

そして、そこで紹介される物件は、たいていはこちらの希望にあっていない、希望条件の1部を満たしただけの物件をすすめて来るケースが殆どです。

このようなストレスを避けるためにも、お部屋探しサービスを有効です。

 

 

利用料は無料

イエプライエッティは利用料無料、ノマドは2週間無料でそれ以降は有料になります。

3社のなかで無料で対応スピード、物件の豊富さともに優れているイエプラが一番のオススメです。

※契約をしたら、仲介手数料、敷金礼金などがかかります。

→イエプラの詳細はこちら