新保険サービスワランティナウ(warranteenow)

ITベンチャーのワランティから、モノに1日だけ保険をかけられる新フィンテックサービスがリリースされた。

 

これはめっちゃ便利じゃないか!

 

サービス広告動画

デジカメを山や海に持って行くその日だけ、破損や水没に備えて保険をかけられる。

 

しかもスマホアプリから即座に申し込めてしまう。

 

 

通常の補償サービスの場合、製品を新規で購入したときにしか、加入出来ないケースが殆ど。

 

しかも通常使用時の自然故障だけしか補償されず、水没、落下などの原因で破損した場合は、補償の対象にならない。

 

「ワランティナウ」は購入済の商品でも利用でき、自然故障だけではなく、破損や汚損、水濡れなども補償の対象になる。

 

 

 

「ワランティナウ」の使い方のコラムはこちら

 

「ワランティナウ」の詳細Q&Aについてのコラムはこちら

ワランティナウの補償内容は?

 

通常の補償サービスは、自然故障以外は補償に対象にならないが、「ワランティナウ」は破損・汚損、水濡れ、紛失・盗難も、補償の対象になる。

 

 

ワランティナウ対象製品は?

 

保険料はデジカメやパソコン、ポータブルオーディオ、などのデジタル家電。

白物家電やテレビなどの生活家電。






ワランティナウの申込み方法は?

 

ワランティナウの専用アプリから申し込む。

 

手続きは、スマホアプリから製品名、型式を指定し、製品がまだ壊れていないことを証明する動画を、アプリの指示に従って撮影する。

 

 

 

 

ワランティナウの保険料は?

 

デジタル家電は24時間で39円~

白物家電やテレビなどの生活家電は19円~

 

保険料は、製品によって変わるが、特別高価なものでなければ概ね50円以内でおさまる。

 

自然故障だけ掛けるなどの選択もでき、保険料を安くすることもできる。

 

きっと、39円~デジタル家電に保険をかけられるというのは

なかなか魅力的なサービスだと思う。

 

365日で掛けると13,140円になるので、きっと儲かるのでしょうね。

 

 

ワランティナウのサービス開始はいつ?

2017年9月~

 

 

ワランティナウの保険金請求方法は?

 

保険請求もアプリでできる。

 

保険金はお金で支払われるのではなく、同社が壊れた製品を回収し、無償修理または同等スペックの製品と交換を行うことで、提供される。

 

なお、保険期間を24時間で加入した場合は、24時間以内に保険請求を終わらせないと、補償されない。

 

ここはちょっと使い勝手が悪いきがする。

 

2~3日待ってくれても良いのではないかと、私なんかは思ってしまう。

 

これだと、請求遅れをする利用者を見込んで、保険金支払いを減らそうという意図がミエミエだ。

 

 

 

ワランティナウの今後の予定

尚、2017年9月中旬時点では、スマートフォン端末は保険の対象外だという。

 

これは、スマートフォンをスマートフォンで撮影できないからだそうです。

 

そりゃそうですね(笑)

 

11月以降には、ドローン、ロードバイクなどに、対象品目を拡大していく予定だそうです。

 

とても良いサービスだと思うけど、どれだけ利用者がでるでしょうかね。

 

 

 

 

まとめ

1日単位で、購入後も、自損による損傷にも補償がつくというのは、とても良いい保険だし、今までのメーカーの画一的な対応に対して、痒いところに手がとどくサービスになっていると思います。

 

保険加入の自由度を下げて、保険対象期間を長くさせることで、儲けをだそうとするやり方は、過剰な保険サービスへの加入を余儀なくされてきたと言えますし、そのようなメーカーやキャリアのやり方に一石を投じるサービスだと思います。

 

 

旅行に出るときに、スマホやデジカメに一々保険を掛けるのかというと、そんなことに意識がいかない気もします。

 

それはなぜかというと、普段使っている状態での、損傷リスクと旅行などに行くときのリスクに差異を感じないからです。

 

現地に行くと、明らかに保管場所がないなどの、リスクが明確な場合は別ですが、そのようなケースってどれほどあるのでしょうかね。