茂原七夕まつりは関東三大七夕まつりの一角を占める七夕まつで「ひらつか七夕まつり」「入間川七夕まつり」と並んで有名なまつりです。

期間中通りには鮮やかな七夕飾りが飾られ、イベントも盛りだくさんで、飽きることがありません。

また首都圏からも行ける距離なので、地元の方以外にもおすすめな七夕まつりです。

このコラムでは、茂原七夕まつりの見どころ、混雑状況、屋台、アクセス、交通規制などの情報についてご紹介致します。


茂原七夕まつりの基本情報


まずは茂原七夕まつりの基本情報をご紹介致します。

項目 内容
開催日時 2018年7月27日(金)~29日(日)、10:00~21:00(29日のみ20:00終了)
開催場所 茂原駅周辺商店街
最寄り駅 JR外房線茂原駅直ぐ
電車でのアクセス 【東京 - 茂原】
・京葉線 特急ご利用の場合/約52分
・京葉線 快速ご利用の場合/約80分
・総武線 快速ご利用の場合/約80分
車でのアクセス 【羽田空港 - 茂原】
東京湾アクアライン-圏央道ご利用の場合/約60分
【成田空港 - 茂原】
東関東自動車道-圏央道ご利用の場合/約60分
【一之江 - 茂原】
京葉道路ご利用の場合/約55分
【湾岸市川 - 茂原】
東関東自動車道ご利用の場合/約50分
例年の人出 約85万人
屋台(露店) 約200店舗
問い合わせ先 茂原七夕まつり実行委員会 電話:0475-22-3361

 

茂原七夕まつり開催エリア

茂原七夕まつりの開催エリアはは次になります。

開催場所マップ
会場:JR茂原駅周辺の商店街(サンシティ町保商店街)、フェスタ21会場

 

茂原七夕まつりの見どころ

茂原七夕まつりの見どころをご紹介致します。

豪華な七夕飾り

通りには、たくさんの七夕飾りが並び、とても手のこんだ豪華なものが多く、また「七夕飾りワイワイプロジェクト」という一般市民の方が自ら作った笹飾りもあり、その手作り感が見る人を楽しませてくれます。

中には3メートルを超える飾りもあり、毎年名物飾りが登場します。

企業や団体による「企業装飾」は、とてもキレイで約100%を超える色とりどりな飾りが、まつりの彩ります。

初日には飾りが審査され、最優秀賞の作品が選ばれ、その作品を探すのも楽しみの一つです。

おどりイベント

踊りに関するイベントがたくさん組まれています。

中でも圧巻なのは11連(約1,000名)もの参加者でおどる「もばら阿波おどり」で、JR茂原駅東口からサンシティ町保商店街にかけての道路を埋め尽くす光景は大迫力です。

2000年から始まったよさこいは、10チーム前後・総勢500人以上もの踊り子が、市民会館・昌平町通り・商工会議所隣道路を練り歩き、町中を熱気で包みます。

フェスタ21会場でのイベント

フェスタ21会場では3日間誰でも楽しめるイベントが随時開催されています。

例年ではお笑い芸人を招待してショーが行われたり、地元小中学生による曲のの演奏が行われるなど、多彩なイベントが目白押しです。

キャンドルナイト

市役所前を流れる豊田川で「キャンドルナイト」が行われ約2,000本のキャンドルで埋め尽くされます。

点灯時間

7月27日(金)は15時~
7月28日(土)、29日(日)は16時~

キャンドル入りの竹に火が灯され、とても幻想的な空間演出がなされます。
そして、竹には短冊がついていて、願い事を書き込むことができます。

マスコットキャラクター『モバりん』

茂原市マスコットキャラクターに「モバりん」が会場のどこかに飾られています。

これを探すのも楽しみの一つになります。





アクセス情報


東京方面から茂原へ行くには、JR千葉駅まで行きそこからで外房線に乗り38分で茂原駅につきます。

電車の本数は3~5本/h程度あります。

まつり会場は茂原駅南口を出るとすぐにあります。
人の流れがあるので、分かります。
 

交通規制

期間中は交通規制が敷かれます。

おおよその交通規制は次の通りです。

場所 時間帯
7/26(木) 駅前通り、榎町通り 10:00~19:00
7/27(金) 駅前通り、榎町通り 10:00~21:00
昌平町通り、駅周辺の一部
7/28(土) 駅前通り、榎町通り 10:00~22:00
昌平町通り、駅周辺の一部
サンシティ町保通り 15:00~21:00
7/29(日) 駅前通り、榎町通り 10:00~21:00
昌平町通り、駅周辺の一部
画像出典元:茂原七夕まつり
 

屋台情報

屋台や露店は200店以上も軒を連ね、とても賑やかです。

定番のB級グルメから、ご当地の美味しい食べものや、懐かしい金魚すくいや射的などたくさんあります。

出店エリアはJR「茂原」駅 西側エリア一帯が中心で、例年どちらかと言うと駅に近いエリアの方が多い印象です。

また下のマップの青マークあたりにはキッチンカーグルメフェスティバルという看板が上がり、キッチンカーがたくさん並びます。

茂原七夕まつり屋台エリアマップ

 

駐車場攻略法

茂原七夕まつりは3日間で80万人を超える人出があるまつりなので、電車の利用をおすすめしますが、クルマでもはや目に行けば、臨時駐車場がありますので駐めることは可能なので、その利用の仕方をご紹介します。

駐車場選び

七夕まつり期間中は合計1,000台ほどの臨時駐車場が設けられます。

臨時駐車場(5箇所)

・茂原公園
・藻原寺駐車場
・合同庁舎駐車場
・茂原市役所駐車場
・茂原駅南側駐車場

臨時駐車場マップ

この5箇所の駐車場では足りないので、それぞれの駐車場は午前中には満車になります。

茂原市役所駐車場から会場(茂原駅)までは約2kmで、市役所から茂原駅までは運賃100円の臨時バスが運行します。

各駐車場の混雑状態

【茂原市役所駐車場】
一番混むので、避けたほうが無難。

場所的にはお祭りの最後尾に位置します。

【藻原寺駐車場】
茂原市役所よりもちょっと祭りからは離れるので、混雑度は低目です。

500台以上は駐められそうなキャパなので、午前中に行けば停められる可能性が高いです。

期間中は「七夕まつり駐車場」の看板が出ています。

【茂原公園】
ここはさらに祭りから距離があるので、混み具合は低いです。

多分キャパは110台程だと思います。

順序としては、「茂原市役所」→「藻原寺駐車場」→「茂原公園」の順で行くと良いでしょう。

もし、全滅だったら茂原市役所の向かいのマーケットプレイスの駐車場に駐めて、お買い物してから行くというもの手です。

時間帯

クルマでいくなら、午前中には到着するのが良いでしょう。
早ければ早いほど空いています。

午後は中々駐車場が開かないので、大変です。
 

混雑状況

↓は金曜日の動画

茂原七夕まつりは金~日の3日間行われますが、やはり土曜日が毎年一番混みます。

ベストは金曜日に行きたいところです。 

混み具合の目安

1日目(金) 混み具合 ★★☆☆☆
2日目(土) 混み具合 ★★★★★
3日目(日) 混み具合 ★★★★☆

まとめ


茂原七夕まつりは七夕飾り、イベント、屋台、全てが秀逸です。

規模ではひらつか七夕まつりに負けますが、コンパクトにまとまっていて、午前中ならクルマで行くこともできます。

イベントの質も高く、踊り子さんは地元の企業の人だったりしますが、本格的で気合が半端ないです。

首都圏にいる方なら、行ける距離ですので大変おすすめな七夕まつりです。