トランプ大統領が中国でTwitter規制のなかツイートした件!01

トランプ大統領が、中国訪問中にtwitter規制のある中国でツイートしたそうですね。

トランプ大統領が中国でTwitter規制のなかツイートした件!

中国は国家安全保障という名目でインターネットの利用を独自に規制しています。

 

国内でtwitterやfacebookなどのSNSが使えないはずですが、どうやってツイートしたのでしょうか。

 

専用回線を持ち込んでその回線でツイートした。

 

仮想プライベートネットワーク(VPN)を利用して、ツイートした。

 

中国側が規制を緩和した。

 

スマホのデータローミングサービスを利用した。

 

などの説が出ています。

 

しかし、普通にデータローミングでツイートは誰でもできるのではないでしょうか?





NHKニュース
トランプ大統領 中国でツイッター使えるかと関心集まる
11月8日 20時18分
トランプ大統領の中国訪問に関連して、中国では、トランプ大統領が繰り返し投稿を行っているツイッターを利用できるのかに関心が集まっています。
中国では、インターネットについて独自の厳しい規制が行われていて、通常のネット回線では、欧米や日本などで人気のSNSの多くは利用できず、「ツイッター」も使うことができません。

その一方、規制をかいくぐりアクセスをする方法もあることから、トランプ大統領がツイッターでさまざまな内容をつぶやいていることは、中国でも多くの人に知られています。

このため中国版ツイッターのウェイボー上には、「トランプ大統領は、中国でツイッターを使うことはできるのか」という書き込みや、「トランプ大統領が、中国でツイッターを使えなければ両国の関係に影響するので、きっと使えるはずだ」などと当局の規制をやゆするような書き込みも見られます。

実際には、トランプ大統領は、特別な専用回線などを使ってツイッターを利用すると見られていますが、中国では、トランプ大統領がツイッターを利用できるのかや何を投稿するのかに関心が集まっています。
米高官 “中国でもツイッターへ投稿”
トランプ大統領のアジア歴訪に同行しているホワイトハウスの高官は、中国に向かう機中で記者団から、トランプ大統領が中国でもツイッターに投稿するのかと問われたのに対し、「大統領は好きなようにツイートする。それが大統領がアメリカ国民に直接語りかける手法だからだ」と述べました。
そのうえで「ツイッターは、フェイスブックとともに中国で使うことができないが、この専用機には、それを可能にする装置が搭載されているはずだ」と述べて、中国でもツイッターへの投稿を行うという見通しを示しました。

 

産経ニュース
中国VPN規制令に波紋 国内企業の取り締まり開始か EU大使も懸念表明

反応

反応

 

(1/2ページ)
中国の習近平国家主席=17日、スイス・ダボス(新華社=共同)
中国の習近平国家主席=17日、スイス・ダボス(新華社=共同)

【北京=西見由章】中国のネット検閲システムを回避するために利用されている「仮想プライベートネットワーク(VPN)」技術をめぐり、中国工業情報化省が全面的な規制強化を打ち出した通達が国内外で波紋を広げている。習近平指導部が進める言論統制強化の一環だが、すでに国内のVPN提供業者に影響が出始めているもようだ。

「(今秋の)中国共産党大会を間近に控えて、国内のVPN業者がひとつひとつ潰されている」。北京在住の著名な人権活動家、胡佳氏は1月31日、ツイッターで危機感を示した。外資系IT企業の経営者も「周りには打撃を受けている(VPNを提供する)会社もあるようだ」と明かす。

中国では、SNSのフェイスブックやツイッターなどのほか香港、台湾、欧米メディアのサイトの大部分が閲覧できない。VPNは当局の検閲を回避する上でも定着している。

中国当局が22日に出した通達は、インターネット接続の市場に「無秩序な発展の兆しがある」として、来年3月末まで国内業者の全面的な規制を進めると宣言。VPNについても、その使途を「内部業務」に限定すると明記している