ネット上で未公開,未公開,未公開物件,レインズ,イエプラ,賃貸コンシェルジュ,賃貸物件,お部屋探し

ネット上には公開されていない賃貸物件というものがあります。

大手の物件情報サイト、ホームズ、スーモ、アットホームなどの物件を大量に掲載しているサイトにも公開されていない物件です。

この未公開物件とはどんなもので、なぜ公開しないのか、その物件を見つけるにはどうすればよいのか?についての情報をご紹介させて頂きます。

 


未公開物件とはどんなものなの?

大家さんや不動産の管理会社の事情で、一般には公開しない物件があります。

また、退去してまもない場合や、退去することとその期日が決まったばかり、新築でまた公開できる情報が揃ったばかり、などの自動で情報を公開できないタイミングにある物件もこの未公開物件に含まれます。

 

 

この未公開物件を見つけるにはどうすれば良いのか?

では、未公開物件を見つけるにはどうすればよいのでしょうか。

 

それは、不動産屋に出向くことが一番確実です。

 

それは、その不動産屋と懇意にしている大家・不動産管理会社があり、まだ公開していないホッカホカの物件の情報を持っていることがあるからです。

 

しかし、いけば必ずあるというわけではなく、たまたまタイミングが合えば、紹介してもらえる可能性がということです。





不動産屋に行かなくても、オンラインで未公開部件を探す方法

複数の不動産屋に足を運べば、未公開物件に当たる可能性は少しは高まるかもしれませんが、これだと運を点に任せるようなもので、効率が悪と言えます。

 

そこで、オンライで物件情報を提供してくれる「イエプラ」というサービスがあります。

 

「イエプラ」はサイトで会員登録をしてから、物件の希望条件を設定して、チャットでさらに詳細の条件を伝えると、その条件に合った物件をチャット上で提案してもらうサービスです。

 

イエプラは物件情報を大量に持っている不動産管理会社とのつながりがあるため、通常の物件情報も豊富に持っていますが、未公開物件の情報も持っています。

 

大手の不動産仲介会社、不動産情報サイトへ掲載すれば、広告費を取られるので、魅力的で入居者直ぐにが決まるような物件は、公開しないで契約を取り付けてしまいたいわけです。

逆にいうと広告費を掛けて公開しなくても、決まる物件があるのです。

「イエプラ」はこのような未公開物件情報を持っています。

 

利用量は無料で、契約しなくても費用はかかりません。

イエプラの詳細はこちら

 

 

未公開物件がある理由

未公開物件が世の中にあるのは理由があります。

 

(1)新築中の物件
新築物件で、公開するための情報(間取り、家賃、公益費など)が決まったばかりの物件は、まだ公開されていません。

 

(2)人気物件
人気があるため、退去が決まると、公開しなくても入居者が決まってしまう物件は公開されません。

 

(3)オーナー事情があり知られたくない

オーナーがなんらかの事情で、自分が賃貸していることを誰にも知られたくないケース。
例えば、親の遺産である家を相続して、その家を即賃貸に出すというのは、世間的に憚れるケースなどです。

 

(4)費用をかけたくない
広告費を払わなで入居者見つけることが出来るような、魅力的な物件。

 

(5)公開すると、見学者でごッタがえす
公開すると、多くの見学者が訪れるようになり、近所に迷惑をかけることになるなどの物件。

このケースでは、近隣が閑静な場所だと、オーナーは特に気を使います。

 

(6)退去が決まったばかり
退去することと、退去日が決まったばかりの物件は、また公開されていません。

 

 

未公開物件を見つけるためのコツ

未公開物件を見つけるためのコツをは次になります。

 

❐希望の条件を明確にしておく

希望の条件を明確にしておき、条件の優先順位を自分で決める。

そうでないと、不動産屋に希望を伝える際に、どの条件が重要で、妥協できる条件はなにかを伝えられないので、相手もどの物件を紹介したらよいかわからなくなります。

 

❐地元不動産屋に出向く

できたらチェーン店よりも地元の不動産屋に行きましょう。

何故かと言うと、地元の不動産屋はブランド力がない分、地元での独自の情報網を持つことで利益を出しており、その情報網のなかに未公開物件があるからです。

 

❐明確に条件を伝える

希望条件とその優先順位を決めたら、それを不動産屋の担当者に明確に伝え、その条件に合う物件が見つかれば入居したいとハッキリと伝えましょう。

そうしないと、未公開の両物件が見つかっても、条件に合うかどうかがわからないと優先的に紹介してもらえません。

 

 

不動産業者しか使えないレインズというサイト

一般の人は使えない「レインズ」という不動産情報サイトがありますが、ここには、オーナーの意向で公開しないで欲しいと言われている物件も掲載されています。

 

「イエプラ」はこのレインズのサイトも使っているので、そこにある未公開物件の情報も紹介してくれます。

イエプラの詳細はこちら