夏の風物である花火大会ですが、空き以降にも結構開催されています。

夏のみる花火とは違った趣があり、キアラは寒い時期の花火も好きです。

 


10月の「ふじさわ江ノ島花火大会」に浴衣をどうなの?

10月の「ふじさわ江ノ島花火大会」に浴衣を着ていくかどうか迷う、、、

夏が終わって、秋に入るこの季節に催される「ふじさわ江ノ島花火大会」へ浴衣を着ていきたいけど、寒いし人目的にもどなんだろう?と悩む方は多いのではないでしょうか。

 

このコラムでは、浴衣を行くことのポイントについて紹介させて頂きます。

 

その前に「ふじさわ江ノ島」の詳細・穴場スポットについては、別のコラム>>江ノ島花火の人気・穴場スポット11選!ベストポジションが確保できる!<<を御覧ください。

 

 

気温はどうなの?

 

10月も中旬を過ぎる時期になり、その夕方~夜にかかるイベントなので、やはり寒さを少し感じ始める季節です。

 

そんな中でも「花火大会はやはり浴衣を着て行きたい」という女性は多いのではないでしょうか。

 

この時期の藤沢市の気温はだいたい15℃(最低)~21℃(最高)で、夕方になると18℃前後です。

更に海風にあたるので、寒さが町中よりは同じ気温でも寒く感じます。

浴衣はあり?なし?

 

ここでは、浴衣でいくのはあり?なし?の両方のポイントを上げてみます。

 

★浴衣でいくのはあり

 

・羽織るものがあれば大丈夫。

・浴衣の風情が好きだし、自分が楽しめる

・お祭りなわけだし、好きなものを着ていく

・屋台がある風景には浴衣は違和感ない

 

★浴衣の問題点

・ちょっと寒い

・季節外れ

・袷の季節では

・浴衣を着て来る人はいるけど、少ない





もし浴衣で行く場合のポイント

10月の花火大会で浴衣を着ていく人は一定数いますが、夏らしさよりも「秋らしさ」を考え、ながら防寒も兼ね備えた装備で行く必要があります。

 

★10月に浴衣を着るポイントは?

 

・できるだけ、夏っぽくない色を選ぶ

・麻素材や紗や絽といった生地織りの素材は避ける
・木綿着物を選ぶ

・長襦袢を着る(白い襟を少し見せる)
・襟元を広く開けない
・帯を名古屋帯に変える
・足袋を履いて下駄を履く
・髪飾りやバッグは夏らしさを封印したもの

・長襦袢を合わせるのは必須として和服用の羽織を着用する

・ショール(ストール)肩からかけて合わせる。

 

夏っぽさをできるだけ、消し去ることと防寒装備が狙いになります。

 

これらのポイントを抑えれば、大丈夫だと思います。

 

 

★代替え案

 

着物デビューする。

 

この際、着物でいっちゃうというのも良いのでは。

まとめ

ここまで、「江ノ島花火大会」へ浴衣で行くことについての、あり・なし、と行く場合の抑えるべきポイントについて、紹介いたしました。

 

ポイントをまとめると。

 

ポイント1

浴衣で行くのは気持ち次第であり!

 

ポイント2

行く場合は、「夏っぽさを消す」「十分な防寒対策をする」

 

ポイント3

代替え案としては着物デビューを考える

 

 

浴衣で行くかいかないかは、自分が一番楽しめる方法で、「江ノ島花火大会」堪能することができると思う方法を選ぶのが良いんだと思います。

 

個人的には、女性の浴衣姿と秋の花火のコントラストは大好きです。

 

夏とは違う、風情があるからです。

 

 

以上、私も「江ノ島花火大会」へいくと思います。

ポイントは「西浦海岸」という穴場ポイントで見ます。

→穴場ポイントの情報はこちら