多くの女性が憧れる「ジューンブライド(June Bride)。

「6月の花嫁」「6月の結婚」を意味しており、6月に結婚すると一生涯ずーっと幸せな結婚生活を送ることができると考えられています。

このコラムでは、ジューブライドの意味、由来についてご紹介致します。


ジューンブライドには3の3つの説


ジューンブライドとは、ヨーロッパで古くから伝えられている「6月に結婚すると一生花嫁は幸せになれる」といういう言い伝えです。

この言い伝えの起源・由来には主に3つの説があります。

ジューンブライドの3つの説

(1)ギリシャ神話の女神ユーノー(JUNO)から生まれたという説
(2)農作業の季節を外す為だったという説
(3)天候によって生まれた説

 

ギリシャ神話の女神ユーノー(JUNO)から生まれたという説


これが1番有力とされている説です。

ギリシャ神話に出てくるゼウスの妃にJuno(ユーノー)という女神がいました。

女神Juno(ユーノー)は6月という月、出産、結婚、育児、家庭、子供の象徴とされており、それらの守護神でした。

また、名前のJunoはJuone(6月)から来ています。

これらのことから、June(6月)は花嫁である女性にとって、結婚という生涯で1度きりのイベントをすることで、一生涯の幸せを手にすることができるという願いが込められており、この説の定着したと言われています。

 

農作業の季節を外す為だったという説


この説は前述とは対照的な、とても実利的な理由による説です。

ヨーロッパでは3~5月は農作業の時期だったため、結婚式を上げることは禁じられていた時代がありました。

食べ物が豊富になかった時代に於いて、3~5月には農作業以外の事をさせない制度が確率されていたのです。

そのため、3~5月の農作業の間、カップルたちはその期間が終わる6月に結婚しようと待ち焦がれていたのです。

やっと5月が終わり6月に入ると、結婚を心待ちにしていたカップルが大勢結婚するために6月は必然的にウエディングシーズンになり、多くの結婚式が行われ、街中が幸せそうなカップであふれかえるシーンで彩られました。

そこから6月に結婚することでスーッと花嫁が幸せになれるという、言い伝え定説化したというのが、この説の由来です。

一定期間禁止される状態が生まれると、それだけ燃え上がという人間の根源的心理が作用したといえるでしょう。





天候によって生まれた説


この節は超単純な説です。

ヨーロッパで1番天気が良いのは6月で、雨も少なく気温も良い時期にあたります。

ウエィングドレスを着るので、雨は避けたいというのは誰しもが思うことでしょう。

ウエディングドレスで過ごすことを考えると、雨が降らなくて、気温は暑くもなく寒くもなく過ごしやすい気候が選ばれたという話です。

今のようにエアコンも無い時代には、夏にウエィングドレスを着て汗だくになりたくないし、冬であれば、ドレスだけでは寒くて凍えてしまいます。

6月という季節を選ぶのは非常に身に迫る理由だったわけです。

 

複合的な理由


これら3つの説がありますが、きっとこれらの3つの理由が重なって6月に結婚することが良いという流れが生まれたのではないかと想います。

花嫁によっても、社会全体にとっても神話の観点からも6月い結婚するとうのはメリットがあったわけです。

 

日本におけるジューブライド


ヨーロッパからきたジューンブライドですが、日本では6月梅雨の時期で、あまり結婚式をしたくない時期です。

ブライダル業界は、とても厳しく難しい業界です。

一生にほんの何回かだけしかしないイベントなので、ビジネス的観点で考えると収益が安定しない業界です。

生涯で結婚式を数百回するような世の中になれば、ブライダル業界は楽でしょうが、大抵の人はせいぜい多くても2~3回でしょう。

一生涯たった2~3回のイベントで収入を得ようとするので梅雨時期に集客ができないというのは、経営的に厳しいわけです。

そこで、入ってきたのがヨーロッパの「ジューンブライド」という言い伝えです。

この言い伝えを利用しない手はないと考えたのが、日本のブライダル業界です。

売上が激落ちする6月に集客できるヨーロッパのネタを普及させたのです。

 

ジューブライドは英語ではなんて言うのでしょうか


ジューブライドは発祥がヨーロッパなので、英語ではそのまま”June bride”と言います。

やはり、6月、ジューブライドはいいですね。
You'll have it in June? 'June bride' has a nice ring, doesn't it?

とうとうジューンブライドになるりますね。
At last you are going to be a June bride.

などといいます。

 

めとめ


個人的には6月に結婚すると幸せになるなんていう話しは、本当は全く信憑性はないと思いますが、
こういう言い伝えを上手く取り込んでビジネスに活用して、活用されて結婚する側もそれで幸せになれると思い込めるなら、それはそれで良い言い伝えだと想います。