審査に強い不動産屋4選のページへいく

賃貸でクレジットカード審査とはどんな審査なのでしょうか?普通の賃貸物件の審査と何が違うのでしょうか?なぜ賃貸の審査にクレジットカードが登場するのでしょうか?クレジットカードと賃貸の審査がどこでとうつながるのかが普通は分かりません。このコラムではその内容と普通の審査との違いについて、分かりやすく解説いたします。

 

このコラムを読んで得られることは?

  1. 賃貸審査で行われるクレジットカード審査と何か?が分かる
  2. クレジット審査に落ちた場合の対処方法が分かる

審査に不安のある方は、審査に通る物件の探し方を知っておくと、物件探しがラクに効率的にできてしまいますので、次のコラムに目を通しおくことをおすすめします。

 

⇩⇩⇩あなたにおすすめのコラム⇩⇩⇩

審査に通る方法のページへいく
審査に強い不動産屋4選のページへいく

 

 

賃貸審査、クレジットカード審査とは?


賃貸審査でクレジットカード審査とは、審査というよりもその「不動産屋が提携しているクレジットカードで家賃を毎月払うことが、入居する条件である」という意味です。

 

たとえば、指定のクレジットカードが三井住友VISAカードだとすると、そのカードをすでに持っていれば、クレジットカード審査はもう済んでいるということになり、あとは入居審査のみになります。

 

そのカードを今持っていない場合は、そのカードを発行してもらう必要がありますが、その際にはカード発行会社による審査が行われるので、それを「クレジットカード審査」と呼んでいます。

そして、クレジットカードを発行するだけで良いのではなく、入居審査も必要です。

つまり、クレジットカード審査とは、次の2つが入居の条件になるという意味です。

 

クレジットカード審査

  1. 指定のクレジットカードで家賃支払ができること
  2. 入居審査に通ること

 

 

 

 

クレジットカードを作るのは審査の一環の意味もある

クレジットカード審査は、クレジットカードによって家賃支払いを行うということそのものの利便性の面もありますが、同時にそのクレジットカードを発行できる人は、一定の信用があると判断できるので、審査の要素も有しています。

入居審査プラス、カードでも審査が行えるというダブル審査の意味も含まれています。

カード審査に落ちても諦めないで!

クレジットカード審査がある物件の場合、その審査に落ちたら諦めるしかないのか?というとそんなことはありません。

 

カード審査に落ちても入居ができる可能性はおおいにあります

不動産屋に相談すると保証会社を紹介され、そこの審査に通れば入居させてもらえるケースはたくさんあります。

そして、その場合次のデメリットがありますので、それを含んだ上で入居するかどうかを決めましょう。

 

保証会社を利用するデメリット

  1. 家賃の支払額の上乗せがある
  2. 銀行振込、口座引落になるため手数料を負担する必要がある

 

なお、信販系の保証会社の場合、カード審査に通らない方は保証会社の審査も落とされる可能性があります。

逆に信販系ではない保証会社であれば、審査は通りやすいと言えます。

ただし、どの保証会社を利用するかは不動産屋側が決めますので、入居者側はそれに従う以外はありません。

 

 

 

まとめ

ここまでの、お話を次にまとめます。

 

まとめ

  1. クレジットカード審査は、不動産屋指定のクレジットカードを発行する審査のこと。
  2. このカードを使って家賃の支払いすることになる。
  3. すでに指定のカードを持っている場合は、クレジットカード審査を通っていることと同義になる。
  4. クレジットカード審査とは別に、入居審査にも通る必要がある。
  5. クレジットカード審査に落ちても、保証会社の審査に通れば入居できるケースはたくさんある。
  6. 保証会社を使った場合には、家賃の負担額に上乗せが生じるのと、振込・引き落としの手数料負担が生じる

 

 

クレジットカード審査に落ちても、諦めず不動産屋へ相談しましょう。

それでも駄目なら、”チャッ不動産屋”を使って入居審査に通る賃貸物件をラクに効率的に見つける方法がありますので、その方法で探せばカンタンです。

⇩⇩⇩あなたにおすすめのコラム⇩⇩⇩

審査に通る方法のページへいく
審査に強い不動産屋4選のページへいく
引っ越し費用!見積もりをドドーンと極限まで安くする誰にでもできる超簡単な方法!
引っ越しをラクにする