朝倉未来のチームメンバーだった、岡くんの刺青は見事なものです。

選手ではないので、その刺青を披露する機会は、あまり多くはありませんが、少ないながら刺青の画像を探してみました。

また、岡くんがやめた理由などについても、ご紹介致します。

この記事を読んで得られること
  1. お確認の刺青画像が見られる
  2. 岡くんがやめた理由が分かる

岡くんのプロフィール

岡くんこと岡康平(おかこうへい)さんのプロフィール情報をご紹介致します。

岡康平プロフィール
  • 名前:岡康平(おかこうへい)
  • 誕生日:1992年3月24日
  • 血液型: AB型
  • 年齢:年齢:30歳(時点)
  • 身長:163cm
  • 出身地:愛知県豊橋市
  • 出身校:豊橋市立高豊中学校(高校中退)
  • 朝倉未来YouTubeメンバー加入:2021年3月
  • 所属:元朝倉未来Youtubeメンバー
  • Instagram:oka_kouhei0324
  • twitter: @okakouhei0324

朝倉未来さんがYouTube開設した当初から、岡くんはメンバーへの参加を要請されていましたが、愛知県での現場仕事がとても忙しかったため、承諾はしませんでしたが、2021年3月になりようやく参画しています。

岡くんは、朝倉未来さんを格闘技の世界に誘ったそうです。

これが、朝倉未来さんが格闘会へと進出するきっかけになったわけですね。

その意味では格闘家朝倉未来の生みの親とも言えます。

岡くんと朝倉未来さんとの出会い

岡くんと、朝倉未来さんの出会いは、同じ中学校です。

朝倉未来さんよりも1つ先輩だったため、岡くんが中学2年生になったとき、新入生で入ってきた朝倉未来さんと出会った。

今2人はとても親しい仲間ですが、出会った当初は先輩である自分に対して敬語も使わない朝倉未来のことを、生意気なやつだったため、嫌っていたそうです。

当時はたくさん喧嘩もしたと言っていますが、一つ下とは言え朝倉未来さんと喧嘩するとは大したものです。

中学時代はその状態のままでしたが、岡くんが卒業後高校へ進学し朝倉未来さんが中学3年のときに、何故か仲良くなり始めたそうです。。

やがて、岡くんと吉田くん(朝倉未来YouTubeメンバーの一人)、朝倉未来さんの3人でつるむようになった。

↓その当時の思い出話

伝説の「50対2の喧嘩」で岡くん逃亡

仲良くなった岡くん、吉田くん、朝倉未来さん3人は暴走族との喧嘩に巻き込まれます。

朝倉未来さんが暴走族に目をつけられ、3対3の喧嘩になるはずだったのが、想定外展開になりました。

3対3の喧嘩と言っても、相手は嘘をついて大勢連れてくることを想定し、仲間7名を招集し計10名で現地に向かったところ、なんと相手は50人くらいの人数で待ち構えていたそうです。

それを目にした仲間の何人かは逃げ出しました。

いざ喧嘩が始まると、岡くんは逃げた仲間を見に行くという名目で、逃亡を図ります。

結果残ったのは朝倉未来さんと吉田くんの2人だけ。

これが、伝説の「50対2」の喧嘩です。

その後、朝倉未来さんは、鑑別所に行きとなったそうです。

この話での、岡くんの逃亡は岡くんにとって汚点ではなく、朝倉未来YouTubeメンバーの語り草、笑い話になっています。

普通に考えたら逃げるのが正しい選択でしょう。

岡くんの刺青

岡くんは、上半身・下半身には刺青があります。

動画では、基本見えないように半袖、タンクトップでは出ないため、滅多に見ることはなかったと思います。

全部和彫で、右腕には龍、左上でには鯉の刺青があります。

上半身の刺青は有名な名古屋の「彫りたく」さんという彫師によるものらしいです。

↓の動画では珍しく、体重を図るシーンで刺青を披露してます。

昔から和彫りの柄が好きで、全部和彫の見事なものです。

岡くん脱退の理由は?

朝倉未来さんとの関係性悪化という点は、全く無いようです。

アンチコメントによって、精神的なダメージを受け、心療内科でも見てもらったところ、「適応障害」という診断を受けたそうです。

特にきつかったのは、「お荷物、金魚のフン、チビ」というコメントだったそうです。

2021年3月からたった1年3ヶ月での脱退は残念ですね。

適応障害が完治すれば、復帰もあり得るとは思います。

SNSを全部一旦終了したいとも語っていました。

朝倉未来YouTubeメンバーからは、チビと言われていじられるキャラだった岡くんですが、そレを全く知らない他人から「チビ」と言われることが辛かったようです。

まとめ

ここまでの内容を次にまとめます。

まとめ
  • 岡くんは朝倉未来さんの中学で出会った
  • 伝説の50対2の喧嘩で岡くんは逃亡
  • 普段は基本見せない刺青を披露
  • 岡くん脱退は、アンチコメントによる適応障害

おすすめの記事