NHKの集金人があなたの自宅へしつこく訪問してきて、ドアをどんどん叩いてきたり、呼び鈴をなんども鳴らしてきたりすることで、恐怖やストレスを感じていいる方へ、このコラムを書いております。

 

 

NHKへ受信料を支払っていない方の理由は人それぞれでしょう。

 

 

平成17年(2002年)にNHKの不祥事が話題になり、その時期からNHKへ不払いをする人が激増しました。

 

そして、それ以降も、強制わいせつ行為、多額の現金横領、麻薬所持、暴行、窃盗などの犯罪行為が日常的に発覚している実態があります。

 

 

NHKへお金を払いたくないという心情は、正常な感覚なのではないかと思います。

 

 


NHKとの受信契約への不信感

NHKへ料金を支払っていない方の事情、理由はそれぞれ違うと思いますが、共通しているのは「見ないから支払わない」という理屈「支払わなければ見ることがでいない」という自由がないということでしょう。

 

 

電気代・ガス代・水道代・電話代は解約を申し出れば解約してくれますし、払わなければ利用を止められます。

 

使う自由も、使わない自由も保証されているのですがNHKの受信料にはその自由がなく、見ても見なくても関係なく、契約義務があるという不公平感が多くの方に共通した気持ちではないでしょうか。

 

 

NHKを見ているかたは、支払うべきだと思いますが、見ていない方にとっては納得いかないというのは、自然な感情だと思います。

 

 

お金を払わない人にはスクランブルをかけて見られないようにすれば良いし、B-CASカードが付いているので、スクランブルは直ぐにでもかけられる技術はすでにあるにも関わらず、支払わない人にも勝手に放送電波を送り続けて、金を払えというのは自由主義の信義に反すると感じます。

 

 

NHKの支払い催促・督促状によるストレスから開放しましょう

料金を支払っていない状態にあり、NHKの取り立てに悩んている方は、早目に対策を立ててその状態から抜け出すことが重要だと思います。

 

勿体ないと思うのです。

 

 

自分がこんなことでストレスを受けるという状態にいること自体が、損だと思うのです。

 

 

滞納して時間がたつと、督促状が届き、さらにはNHK集金スタッフが訪問してきて支払いを催促してきます。

 

 

場合によっては、玄関の前に待ち伏せしていたりします。

 

このような状態を続けることは、精神的にストレスが生まれますので、好ましくないのは言うまでもないでしょう。

 

 

 

法的に支払い義務はない

この問題の解決には、NHKとの契約・支払いに関する法律を知っておくことが絶対に必要です。

 

NHKと契約をしていながら支払いを滞納しているという事実に対して、自分の中に負い目や罪悪感を感じているとすると、この問題解決の邪魔になります。

 

 

それと、裁判で訴えられたらどうしよう!?という訴えられることへの漠然とした恐怖も障害になります。

 

 

これらは法律の知識で解決できます。

 

 

放送法には、受信契約の義務については謳われていますが、支払いの義務いつてはなんの規定もありません。

 

テレビを設置してNHKを見ている方が受信契約をしないと違法になります。

 

しかし、契約をして受信料を支払わないのは、違法ではないのです。

 

税金などは、法律で支払い義務が明記されているので、払わないと違法になりますが、NHKの受信料は法的な支払い義務は存在しないのです。

 

↓受信契約は義務だが、支払いは義務ではないことの解説動画

 

次のことを肝に銘じてお来ましょう!

 

NHKの受信料には法的な支払い義務はない

 

 

 

NHKの集金人を相手にする義務はない

滞納しているという気持ちがあると、NHKの集金人が訪問してきたときに、玄関のドアを開けて相手の質問に答えてしまうという行動につながり、それが問題を長引かせます。

 

 

そして、今お金がないから支払えないなどと釈明をしてしまったり、NHKの番組内容に不満があるから支払わないなどと払わない理由を言ってしまうことがあるかもしれません。

 

 

これをやると、時効が適用される可能性が低くなるのでやめるべきです。

 

支払いを止めてからの期間が5年を超えると、その5年を超えた分は民法168条の規定により時効を使うことで支払いをしなくてもよいのです。

 

 

しかし、NHKに対して請求があることと、支払いの義務があると認識していることを証明する事実があると、時効が適用できなくなるのです。

 

 

いきなり訪問してきた人に玄関を開けて、対応する義務はどこにもありません。

 

勝手に私有地に侵入してきた相手には、「帰りなさい!」と退去するように勧告することで、相手は帰るしかなくなります。

 

 

帰らないと、刑法130条の「不退去罪」で逮捕されます。

 

次にポイントをまとめます。

NHK集金スタッフは来ても対応する義務はない 訪問してきたら「帰れ!」と言えば相手は帰らざる負えない

※帰らないと「不退去罪」になる。

不退去罪の法定刑は、3年以下の懲役または10万円以下の罰金であり、かなり重い罪に問われる。

 

 

この2つを強く意識しておきましょう。

 

 

 

受信料の滞納に対するマインドセット

この点はNHKを見ていない人に限ります。

 

NHKを見ている人はちゃんとお金を払うべきだと私は思います。

 

 

NHKの受信料を支払っていないということで、後ろめたさ、罪悪感を持っていると、この問題を解決することの障壁になります。

 

 

とくに居留守はやめましょう。

 

居留守は電機メーターを見て大体バレていて、居留守をつかう相手は気が弱いと判断され頻繁に訪問してきて、呼び鈴連打、ドアをける、○○さん料金滞納してますね!と近所に聞こえる様に大声を出してきたりします。

 

 

NHKの集金人へ来たくなくなるように思わせるには、そもそも支払わない理由は何かを自分の中で明確にしましょう。

 

 

見ていないものを支払わないのは、当然であり正しいという考え方を持つ必要があります。

 

この考え方は法的には正しいかどうかは別ですが、自分が正しい選択をしているというマインドセットが必要なのです。

 

 

これがないと、NHKの集金人を前にしたときに、気圧されてしまうからです。

 

 

支払いから逃れるのいう意識ではなく、堂々と「許可なく勝手に訪問してくる権利は相手にはない!」「それを拒否する権利を相手に明確に伝える」という気持ちとを持つことで、NHK集金人と相対したときより毅然とした態度になることが出来ます。





NHKに裁判で訴えられたらどうなる?

NHKに滞納した受信料を支払うように訴えられたらどうなるのでしょうか?

 

 

ここで起こるこることは、敗訴した場合に次のお金を支払うことになります。

地上契約の場合 1,260円✕60ヶ月=75,600円+金利

衛星契約の場合 2,230円✕60ヶ月=133,800円+金利

裁判費用 10,000円程度

 

時効を援用すれば5年間分の支払が最大になりますので、これ以上の出費にはなりません。

 

へんなん話ですが、支払っていない期間が長ければ長い程得することになります。

 

未払い期間が10年を超える場合は、民法168条が適応され全期間の債務に時効が援用できる可能性があります。

 

 

不払い期間が長ければ長い人程、NHKから訴えられる可能性は低くなることが推測できます。

 

NHKへの不払いは、最悪でもも5年分の支払いが生じるだけという割り切気持ちを持つことが重要です。

 

これだけ覚悟してしまえば、怖いものはなくなります。

 

尚、裁判になる可能性が高い人、低い人、実際に裁判になったときの対応方法についての詳細は>>放送法64条違反で生じるリスクとはなにか?NHKへの正しい対処方法は!<<というコラムで解説しておりますので、自分が訴えられるかどうかを知りたい方はご参照下さい。

 

 

 

NHKが支払い催促で電話をしてきたら

NHKですと電話口で言った瞬間に即電話を切りましょう。

 

そして、着信拒否の機能が電話にあるなら、着信電話番号を着信しないように登録しましょう。

 

これは、かなり重要なポイントです。

 

NHK側は会話を録音しているかもしれないので、そこで支払い催促の話を聞いてしまうと、支払いを催促したという証拠が残ってしまいます。

 

 

これは、時効の援用が適用されなくなります。

 

 

 

NHKから送られてくる支払い督促状は無視して捨てましょう。

 

これも請求をしたという証拠になるので、残しておかないことが重要です。

 

 

 

NHKの集金人が訪問してくる

NHKの集金人が訪問してきたら一切相手にしないことが重要です。

 

ここで、会話をすればするほどあなたに不利な情報を相手に渡すことになります。

 

すでに法律の話のところでも書いていますが、法的にNHK集金人が来ても対応する義務は全くありません。

 

その具体的な方法をご紹介致します。

 

 

 

NHK撃退シールを貼る

 

NHK撃退シールを貼りましょう。

 

「NHKから国民を守る党」という政党が無料で発行してくれるシールがあります。

このシールを玄関に貼ると、NHK集金人が訪問してこなくなります。

 

❐入手方法:下記メールアドレスへ「氏名」「電話番号」「住所」「シール希望」を記入の上メールを送ると、送付してくれます。

依頼先メールアドレス:tachibanakumi0112@hotmail.co.jp

 

「NHK撃退シール」の効果がどれだけあるかや活用方法については>>NHK撃退シールを貼るデメリットはあるのか?効果はどの程度ある?<<というコラムで詳細を解説しておりますのでご参照下さい。

 

 

 

NHKの集金人が訪問してきた時の対応事例

NHK集金人が訪問してきた時の対応事例をここでは、ご紹介致します。

 

 

呼び鈴がなり、インターホン若しくはドア越しに誰かを確かめます。

NHKだと名乗ったら、スマホや動画を撮影できる機器を立ち上げ動画撮影を開始してから、ドアを開けます。

※録音だけでもokです。

 

尚、ドアは全部開けずにチェーンロックをしたままにしましょう。

ピンポーン

はい

 

NHKのものです。NHKの受信料金のお支払の件で
お伺いしました。

 

 注意点:ここでインターフォン越しまたはドア越しで会話してもいいですし、ドアを開ける場合でも、チェーンロックはしたままが理想です。

ここは私有地ですが、許可を取りましたか?
(カメラを相手に向けます。)
 第一声のこの質問は非常に重要です。
この質問をすることで、相手は無許可で私有地に侵入しているということに、意識せざるお得なくなり、精神的に劣勢に立たされます。
受信料金が◯◯から滞納になっています!

もう一度聞きます!許可を取って私有地に入って来てる
の?答えなさい!
許可とかそういうことではなくて、料金が滞納してるのを
払って頂きたいのですが、、、
撮ってますか?
肖像権侵害です
解説:NHKは勝手に私有地に入って来たという議論を回避して、NHKの受信料滞納の議論に引き込もうとしてきます。
ここで支払いの話に触れてはいけません。
撮影しているとしると、集金人によっては肖像権侵害だと騒ぎ出し、露骨に嫌がりますが絶対にやめてはいけません。無視しましょう。
質問に答えられないのですね、ここは私有地です、無断
で侵入してはいけませんよ!即その場を退去しなさい!
支払わないのですか?
肖像権の侵害です、撮らないで下さい。
これ以上私有地に居座ると不退去罪になります!
即その場を退去しなさい、今後無断での侵入は
一切許しません!
支払わないのですか?
肖像権の侵害です、撮らないで下さい。
警察を呼びますよ!
刑法130条違反!不退去罪です!
即その場を退去しなさい、今後無断での侵入は
一切許しません! 来たら警察に通報します。
それから、この不退去罪を犯している証拠動画をYou-tubeに
アップしますね!
今直ぐそこを退去しなさい!

 

これを帰るまで繰り返していると、帰ります。

 

帰らなければかなり危険な相手なので、110通報したほうがよいでしょう。

 

「NHK撃退シール」を貼っている場合は、発言の中に「このシール知ってる?」とその存在を知らしめましょう。

 

ここでのポイントは

質問に一切答えずこちらの言い分を言い続ける

支払う支払わないのことに付いては一切触れない

撮影して(または録音する)それを相手に分かるようにする

相手が帰るまで「帰れ!」と退去勧告を繰り返す

今後この敷地内に無断で入ってくることを許さないと宣言する

破った場合は即警察に通報すると言う

「NHK撃退シール」の存在を知らしめる

 

 

自分ではできそうにないと思ったら

NHKの受信料を滞納していると、NHKからくる「重要なお知らせ」という請求書が届きます。

前述した「NHKから国民を守るという」へこの「重要なお知らせ」を送って対応依頼すると、下記を記載した文書を作成し、NHK側へ送付してくれるそうです。

★5年時効の援用します。
★訪問してきた際は、撮影しながらNHKの説明を聞きます。そして、公共の福祉の考えかたから、動画をyou-tubeにアップロードします。
★受信料は払いません!払ってほしかったら裁判して下さい。

その対応内容を解説した動画を次に載せます。

対応依頼方法は下記
・郵送の場合
〒124-0023 東京都葛飾区東新小岩一丁目4-3-【407】
パークタワー東京イースト

・FAXの場合 03-3696-0750

・メールで添付して送る場合
tachibanakumi0112@hotmail.co.jp

依頼内容、NHKからの「重要なお知らせ(請求書)」を送る。

 

また、NHKの集金人が来てしまったら、その場で電話して、対応を依頼するというのも手です。

 

電話番号は次になります。

 

立花孝志さん 080-2508-9347

大橋昌信さん 090-6039-6088

武原正ニさん 080-9302-1010

 

NHKの集金員が訪問してきたら、ドアを開けずに録画・録音の準備をしなが上記電話番号へ電話してその場で事情を説明して対応指示を仰ぎ、その通りに対応することで撃退できます。

 

場合によっては、その場でNHKの集金人へ電話を渡し代理で交渉・撃退してしてくれます。

 

そのときはスピーカーホンにして会話すると良いでしょう。

 

↓受信料を払っていない場合の対応について、立花さんの解説動画です。

 

 

 

↓立花さんの名前をだしたら即帰ったリアル生動画

 

 

決意しましょう!

具体的なNHKの集金を撃退する方法ご紹介しました。

 

後は、2度と訪問をさせないぞ!という決意をしましょう。!

 

その気持がないと、NHKの集金人に気持ちで負けてしまい、思わしい結果につながりません。

 

 

 

まとめ

 

NHKの集金を撃退するに方法を次にまとめます。

 

法的に支払い義務はないということを理解する
NHKの集金人を相手にする義務はないということを理解する
受信料の滞納は正しい行為であると認識する(マインドセット)

NHKに裁判で訴えられたら、過去5年分の料金を支払うことになるだけ
NHKが支払い催促で電話をしてきたら即電話を切る
玄関にNHK撃退シールを貼ると殆ど来なくなる
NHKの集金人が訪問してきたら、「帰れと!」退去勧告を繰り返す
自分ではできそうにないと思ったら「NHKから国民を守る党」に対応してもらう
決意をしましょう!

 

NHKの受信料という制度は完全に今の時代に合わないものだと、思います。

 

見ない人にはスクランブルをかけて見られないようにすれば良い、と考えている方は大勢います。

 

 

この機会にきっちりとNHK集金人の訪問をシャットアウトすることで、日々安心して自宅で過ごすことができるようになることを、祈っております。