マジパンとは何かについて、このコラムではご紹介致します。

 

私はマジパンというと、パンの一種なのかと最初この言葉を聞いて、思いました。

 

シュトーレン(ドイツのクリスマスパン)を食べていたとき、マジパンが入っているというので、何がマジパンなのか分かりまセんでした。

 

シュトーレンのパンの生地の原料かなにかだと思っていました。(笑)

 

しかし、全然違いました。

 

 


マジパンの歴史

???

マジパンはパンではありません。

 

スペインやドイツやシチリアで名物として知られる洋菓子で、別名マルチパンとも言います。

スペインではマサパン、ドイツ語ではマルツィパン、イタリアでマルツァパーネ又はパスタ・レアーレと呼ばれ、日本ではマジパンと言われていますが、これは英語での呼称マージパン(marzipan)から来ています。

 

日本語の読みである「マジパン」は英語のマージンパンという発音の伸ばすところをカットして「マジパン」という発音になったすです。

 

中世に中東で発明され、中世ヨーロッパでは貴族のお菓子として食べられていたようです。

 

日本で一般的なのは、ケーキの装飾に使われている可愛い人形などです。それらのほとんどはマジパンで細工して作られたものです。

 

↓の人形はマジパンで作られています。

 

マジパン単体で食べる事も出来ます。

 

言葉から、パンの一種なのかと思っている方も多いのですが、全く別物です。

 

 

 

 

なにに使うの?

 

マジパンには、2つの用途があります。

 

(1)細工用

(2)お菓子作り用

 

日本では、主に細工用でミニモチーフとしてケーキやお菓子の上に乗せる飾りとしての役割を担っています。

 

 

↓の人形はマジパンでできています。

 

そして、このような細工用につかいうマジパンは、そのペーストが販売されています。

amazonで1,760円/1kg程で売られています。

 

 

お菓子作り用としては、「マジパンローマッセ」をつかいます。

 

マジパンペーストとは、砂糖のアーモンドの割合が違います。

 

マジパンペーストは砂糖が多く含まれていて、細工しやすいようになっていますし色も白いのですが、マジパンローマッセはアーモンドの割合が高く、色も茶色っぽくアーモンドの粒が見えます。

味も違いますし、マジパンローマッセの方が値段も高いです。

3千数百円/1kgで売られています。

 

マジパンローマッセの方は、ドイツのクリスマスパンの「シュトーレン」に入れられています。

 

 

シュトーレンの美味しさを引き立てるのに、マジパンは必須の材料になっています。

 

 

 





素材・成分はなに

砂糖、卵白、アーモンドを粉末状にし、ローラーにかけ砂糖のシロップを混ぜてつくります。

 

 

 

マジパンは細工用などの飾りで使うものと、食べる の場合作る工程からやっているお菓子屋さんはほとんどいない。

 

結構手間がかかるのです。

 

 

 

味は

 

砂糖とアーモンドが主成分なので、とても甘くてアーモンドの香りがあります。

 

 

 

その他

 

イタリアなどではマジパンの細工が、成形された状態で販売されています。

 

 

マジパンアートギャラリー

 

ココまでくると、もうアートですね。

 

マジパンアーティストという職業もあり、コンテストまで開催されています。

 

↓シュトーレンの関連コラム