ネットで賃貸の部屋を探すときの不動産サイトの選び方!,ネットで賃貸,おへや部屋探し,不動産サイトの選び方,at home,SUUMO,@nifty不動産,アットホーム,スーモ,ホームズ(HOME'S),いい部屋ネット,エイブル,ミニミニ,レオパレス21,イエプラ

賃貸の部屋探しをする方法には、いくつかの方法がありますがそれは
不動産屋に足を運んでお部屋の希望条件を伝え探して貰う方法。

もう一つは賃貸不動産情報サイトを使って、希望のお部屋を自分で見つけ出す方法。

 

このコラムでは、後者の方法を使う際に、ネット上に沢山乱立するネット不動産情報サイトの選び方のコツをお伝え致します。


効率を追求するなら@nifty不動産

希望の物件を探すために必要な不動産情報サイトの条件は次に2つです。

①自分が希望している物件を効率的に見つけることができる
②キャッシュバック、仲介手数料・敷金礼金の割引などの得がある

①を満たす要素は、掲載されている物件数の多さにかかってきます。

物件数が少なければ、それだけ自分が希望する物件に出会える確率が低くなりますし、出会えてもそれまでにかかる時間が長くなります。

そして、②はもともと仲介手数料がかからない、または安い不動産屋を利用する方法もありますし、そうじゃないところでも、大量に取扱い物件数がある場合、仲介手数料、敷金礼金が安いところを探すという意味では、②も実現が可能です。

@nifty不動産アットホームスーモなどの13社の不動産仲介業者・不動産情報サイトの物件をまとめて掲載しているサイトです。

掲載物件数では群を抜いて多い不動産情報サイトです。

その掲載数は1,000万件を越えており、大手のスーモホームズでも500~600万件ですのでそれを大きく上回ります。

 

キアラは引っ越しするときは、まずは@nifty不動産で物件を探します。

そこで、希望のお部屋が見つからない場合は、他の何社かも入れて探します。

但し、経験上@nifty不動産で見つからないような物件は、他を探しても見つかる可能性は低いです。

 

但し、@nifty不動産の欠点は、掲載物件の鮮度です。

賃貸物件退去が確定すると決まった段階で、大家は入居者募集を不動産仲介業者へ掛けますが、それを掛けてからネット上に掲載されるまでには、何日間かの日数がかかります。

 

この日数は、不動産情報サイトである@nifty不動産は、不動産仲介業者より遅いと思われます。

 

この何日間かのズレが、良い物件だとその間に入居者が決まってしまうこともあります。

 

これは、@nifty不動産だけではなく、不動産情報サイト全般に言えることです。

もう一つの欠点は、同じ物件が掲載されていることがあるのです。

複数の情報サイトの物件を載せているので、同じ物件かどうかの引当作業が完全にできないのだと思います。

しかし、その豊富な掲載物件数というメリットは効率性を高めてくれるのは間違いありません。





家賃相場をカンタに調べられるホームズ

お部屋を探す際には、住みたい地域の相場を把握しておく必要があります。

気になったお部屋が相場に対して高いのか安いのか普通なのかを判断する基準が必要ですし、予算との兼ね合いで相場によっては住む地域を変えなければならない場合もあるでしょう。

この相場を知るには、ホームズ(HOME'S)のサイトが重宝します。

↓は中央線沿線の駅ごとの相場です。

↓は吉祥寺駅付近の家賃相場

このサイトで探せばたいていの地域の家賃相場をカンタンに知ることができます。

初期費用を抑える

仲介手数料、敷金礼金を抑えた場合は、不動産情報サイトではなく不動産仲介業者のサイトを活用するできます。

 

不動産仲介業者は不動産サイトに掲載して、契約の際には入居者と大家との間を仲介して契約締結を行い、仲介手数料をとります。

 

一方不動産情報サイトは、物件情報をサイトに掲載して取り次ぐだけで、契約の仲介等には一切関与しない業態を言います。

不動産仲介業者の中には、仲介手数料、敷金礼金を安くしていたり、無料にしているところがあります。

そのオススメ不動産仲介業者は次の4社になります。

❐いい部屋ネット

→仲介手数料、敷金・礼金が殆どの物件で無料になります。

❐エイブル

→仲介手数料が家賃1ヶ月分の54%で済むのが一番の魅力です。

❐ミニミニ

→仲介手数料が家賃1ヶ月分の半分で済むことと、敷金礼金が無料の物件がある。

❐レオパレス21

→仲介手数料、敷金礼金なしで、家具家電付き。

これら4社を活用すれば初期費用を安く抑えられます。

欠点は掲載物件数が少ないことです。

詳細の比較は次のコラムをご参照下さい。

 

 

掘り出しもの物件

掘り出し物を探すには「イエプラ」がオススメです。

「イエプラ」は、物件を掲載するサイトではなく、不動産会社へ訪問して物件を探してもらうのをオンラインでやってくれるイメージのサービスです。

使い方はのステップは次になります。

Step1 イエプラのサイトへ会員登録する

Step2 登録の際、希望条件を入力する

Step3 希望条件に合ったお部屋を即時でチャットにて提案される

Step4 希望のお部屋がなければ、チャットで更に詳しい希望条件を伝える

Step5 1分程度で、希望に合う物件チャットでを見せてくれる

このサービスのメリットは次になります。

(1)大量に掲載されている物件情報データベースから、希望に合った物件を迅速に紹介を受けられる。

(2)持ち込み物件(他の不動産情報サイトに掲載されている物件)のURLをチャットで入れるとその物件の空き状況を確認して、内見の申し込みを迅速にできる。

(3)不動産情報サイトと違い、データベース鮮度が非常に高く、未公開物件や掘り出し物物件も紹介してもらえる。

イエプラは不動産情報サイトの欠点である、情報の鮮度の問題をクリアしていますのでオススメです。

→イエプラの詳細はこちら

 

まとめ

冒頭での述べた通り理想的な不動産屋に必要なのは次の2つ。

①自分が希望している物件を効率的に見つけることができる
②キャッシュバック、仲介手数料・敷金礼金の割引などの得がある

この両方を享受するには、不動産情報サイトで物件を探しながら、イエプラで空き状況を確信してもらいながら、同時に希望物件も探してもらう。

この方法で希望部件が固まってきたら、初期費用が安い不動産仲介業者で取扱があるかを確認しあるならその物件で契約をすれば初期費用を安く済ませることができます。